【4月28日開催】誰でも無料で参加OK!Mobility Transformation Onlineの見どころを一挙公開!

【4月28日開催】誰でも無料で参加OK!Mobility Transformation Onlineの見どころを一挙公開!

昨年11月、虎ノ門ヒルズで開催した日本最大級の共創型モビリティカンファレンス「Mobility Transformation」は、約1500名が来場し大盛況のうちに幕を閉じました。そんな中、東京までなかなか足を伸ばすことができない地方の方々からの「地方でも開催してほしい」という多くの声を受け、どこにいても、誰であっても参加できるイベントへと進化を遂げようとしています。そこで今年はSchoo様とタッグを組み、オンラインでカンファレンスを開催します。この記事では、カンファレンスの詳細と見どころ、ポイントについて説明します!

ポイント1.無料で参加できる

開催日は4月28日10時から18時まで。モビリティに関する7つのセッションがなんと、生放送で行われます。
参加方法はとても簡単。こちらのページからアカウントを登録し(FacebookまたはYahoo IDをお持ちのかたは連携可能です)、当日はこのページへアクセスいただくだけです。登録すれば、本カンファレンス以外にも知的好奇心をくすぐる濃厚な授業がたくさん楽しめますので、ぜひアカウント登録を!

ポイント2.昨年同様に、業界の垣根を超えたさまざまなプライヤーが登場!

参加する企業はモビリティ関連企業だけではありません。総合商社の住友商事さま、保険業の損害保険ジャパンさま、鉄道業界の小田急電鉄さま、CX(顧客体験)プラットフォームを提供しているプレイドさまなどなど、業界の枠を超えたクリエイティビティを大いに刺激するラインナップ。それぞれの講演において、どのようなイノベーションが起きるでしょうか?

ポイント3.オンラインなので、誰でもどこからでも参加OK

新型コロナウイルス感染拡大により、ここ数ヶ月イベントの自粛が呼びかけられています。しかし、ご安心ください。今回の開催地は“オンライン”のため、ネットが利用できればどこからでも参加できるのです。
オンライン学習サービスとして有名なSchooとのコラボでオンライン生放送を実施することで、全国(全世界!)、どこからでも参加が可能ですので、ぜひ、あなたもご自宅から、リアルな現場の空気を体験してください!

ポイント4.イベント終了後はイベントレポートで登壇内容をじっくり読める

「仕事が忙しくて参加できない」「うっかり、見逃してしまった!」という場合も大丈夫。
当日のセッション内容はすべてレポートとして公開しますので、後日、資料としてダウンロードしてじっくり読むことができます。昨年実施した「Mobility Transformation 2019」の濃密な内容がしっかり読み込めるサマリレポートは、こちらよりダウンロード可能です。予習・復習にお役立てください!

ポイント5.具体的な事例や取り組みをたくさん学べる

講演内容は基本的に構想ベースではなく、事例や実際に取り組んでいることがベースに話が展開されるため、今後どのように自社プロジェクトを進めていくべきかを考える数多くのヒントを得ることができるはず。多方面にわたる成功事例をインプットをして、ぜひ実のあるアウトプットを!

TOP

IoT、自動運転、コネクティッドカーなど最新テーマの情報をピックアップ
車両管理の基礎知識やサービス比較など日常的に役立つ情報を案内

SmartDrive
メールマガジン利用規約

SmartDrive Magazineは、運営会社である株式会社スマートドライブ(以下、弊社)にてお客様が入力いただいた情報を管理します。

弊社の製品、サービス、コンテンツ情報でお客様が興味を持たれる可能性がある内容に関して、随時お客様にご連絡を差し上げる場合があります。こうした目的でご連絡を差し上げることに同意いただける場合は、メールマガジン登録画面の黄色い登録ボタンをクリックしてください。