輸送品質の向上とコスト削減はどちらも動態管理で実現できる

輸送品質の向上とコスト削減はどちらも動態管理で実現できる

 

商品のスレやキズを一切なくして荷物が運べるように、輸送の品質を向上させたい。本来の軸である“輸送”に焦点を当てた時、無駄なコストを削減して品質向上に直結する部分にコストをかけたいと思う担当者の方も多くいるかもしれません。

輸送にかかる全体コストの見直しをするときにも動態管理システムは有効です。

適正なコストを実現したい

トラックが安全かつ確実に荷物を運ぶためには、荷物そのものの管理も必要です。そこで役に立つのが、動態管理に搭載されているGセンサーと呼ばれる衝撃を感知する装置。これによって急発進や急ブレーキなど、ドライバーの危険挙動とともに荷物に与える衝撃がわかります。危険挙動がどこで発生するのかわかれば、荷物を積み込む前の対策やドライバーへの注意喚起が的確に行えるでしょう。

そして安全に運ぶために、ドライバーが急発進や急ブレーキの回数を減らすことができれば車の燃料効率もアップし、全体の運送コスト削減を実現できます。

動態管理を入れていない場合、ドライバーと作業の状況を確認するのに時間と手間がかかってしまいます。配送先からの問い合わせがスムーズに対応できないほか、問い合わせ対応のための人的なコストがかかることも…。荷主とドライバーの配送状況や到着予定時刻、完了情報など、動態管理で取得できる情報を共有していれば問い合わせがなくなり、業務コストを削減することができるでしょう。また、荷物が到着しないと業務ができない荷主側の安心感や信頼感も得ることができるのではないでしょうか。

エビデンスして役立つ走行ルートのデータ

システムなどを導入すると初期費用が高いしコストがかかるんじゃないだろうか–?そのような心配はありません。長期的な視点で考えると、効率的な配送ルートによる業務効率アップでの人件費削減、燃費向上による運送コストの適正化などにより、管理コストは大きく削減できるようになります。

蓄積された走行データからは、今までの配送ルートの改善点が可視化されます。実態を把握し、エビデンスとして配送ルートの無駄が見えれば、荷主に対してコースの組み換えや無駄なルートの削減交渉ができることも。また、配送協力会社があれば、実態を反映した適正価格で運賃を支払うことが可能となり、過剰請求もなくなるでしょう。

 

動態管理が可能にすること

・効率的なルートを自動検索、無駄をなくして配送コストを削減できる。

・効率的な安全運転指導により、燃料効率を上げることができる。

業務の負担がなくなり、荷主からの信頼などコスト以上の効果が得られる。

・走行データがエビデンスとなり、交渉材料となることも。

 

ドライバーの手書きによる紙の管理では、情報の抜け漏れや事務作業による残業が発生することもあります。慢性的なトラックドライバー不足が続いている中で、配送の効率化による労働環境改善、コスト削減、環境負荷低減へ取り組む場合も、動態管理は大きく貢献してくれることでしょう。

 

動態管理の導入で理想的なコストを実現

本メディア運営会社であるスマートドライブが提供するクラウド車両管理サービス「SmartDrive Fleet」は、シガーソケットにデバイスを挿入するだけでリアルタイムに訪問車両の走行状況を把握したり、車両ごとの運転日報の作成が容易に行うことができます。

デジタコ等と比べて約20分の1ほどである初期費用の安さと、続々と追加される豊富な機能が特徴です。社用車や営業車に関わる全ての物事を一括で管理・自動化できるので、人的コストは大幅に削減されます。

運転データをもとにした安全運転診断機能も搭載しているので危険挙動があった場合、ドライバーに原因をヒアリングして安全運転を促すことができますし、事故も減らすことができるでしょう。大なり小なり、事故は多くの損害をもたらすため、事故を防ぐだけでも大きなコスト削減へとつながるのです。

導入した企業の具体的な活用事例を記した資料も請求できますので、こちらから是非お気軽にお問い合わせください!

TOP