【営業車をGPSで追跡】国内の動態管理システムの特徴や価格まとめ

動態管理システム
法人向けクラウド管理車両管理サービス無料トライアル

この記事は国内の主要な動態管理システムの特徴をまとめて紹介するものです。

(*動態管理システムとは、GPSなどを活用し自動車の場所を追跡。現在地や運行ルートを特定し営業車の現状把握や運送ルートの改善、配送先の管理に活用できるシステムのこと。)

「社用車や営業車に管理に困っていて、便利なツールを探している」
「動態管理システムの導入を検討しているが、そもそもどんなサービスがあるのかわからない」
「価格や具体的な特徴で比較したい」

そのような悩みを持っている方に向けて、日本国内にどんな動態管理システムサービスがあるのか、それぞれの特徴を調べてみました。

今回紹介するのは28種類のサービスです。社用車を保有する企業の総務担当者の方や経営者の方は、動態管理システムの比較検討の際にツールとしてご活用ください!

driveops 記事内バナー

まずはこれを確認!ピックアップサービス4選

28種類のサービスの中には特徴が似ているものも多いので、まずは特徴が異なるサービスを4つほどピックアップして最初に紹介したいと思います。

豊富な機能と導入コストの低さが持ち味: DriveOps

drive ops

出典 : DriveOps

デジタコ等と比べて約20分の1ほどである初期費用の安さと、豊富な機能が特徴の「DriveOps」。単純に動態管理機能だけを安く使いたいという方には別サービスの方がおすすめですが、「社用車や営業車に関わる全ての物事を一括で管理・自動化したい」という方にはもってこいのサービスです。

データ分析力を強みとしており、運転データをもとにした安全運転診断機能を搭載。車両の動態管理だけでなく社用車の事故削減、保険料削減にも役立ちます。

【主な特徴】

  • GPSでリアルタイムに動態管理。全ての車の走行経路が地図上で記録、表示
  • シガーソケットデバイスまたはOBD-IIデバイスを使用するため、設置工事等は一切不要
  • 豊富な機能が特徴。ドライバーの運転データを元にした安全運転診断、自動で日報作成、車検やオイル交換スケジュール管理、経費申請、勤怠管理などがこのサービス1つで行えます
  • テレマティクス保険の開発も行っており、将来的に安全運転で保険料が割り引かれる仕組みの保険商品も提供開始予定

【料金】

  • シガーソケット(BLE版)+お持ちのスマホ利用の場合
    • デバイス購入費用 : 4,980 円 / 台
    • 月額費用 : 1,480 円〜 / 月
  • OBD-IIデバイス(BLE版)+お持ちのスマホ利用の場合
    • デバイス購入費用 : 8,800 円 / 台
    • 月額費用 : 1,980 円 / 月

【基本情報】

手頃な価格帯が特徴 : Smart動態管理

「smart動態管理」の特徴は、価格帯の安さです。利用にかかる費用はスマートフォン1台につき月額950円〜960円(端末の代金や通信料は別)と手軽に導入できるため、とにかく少しでもコストを抑えたいという方にはもってこいのサービスではないでしょうか。システムを導入するための工事も不要です。

【主な特徴】

  • 最低10秒間隔でドライバーの位置情報が取得でき、リアルタイムな配送計画と配送の進捗管理を実現
  • ドライバーの配送状況を荷主・クライアントへの地図表示可能
  • 運転日報を自動記録。ドライバー帰社後の作成が不要に

【料金】

スマートフォン1台につき、 Android版:950円/月(税込) iOS版:960円/月(税込)
管理画面は無料。携帯自体の代金、通信料、契約料は含まれない

【基本情報】

ナビアプリで培ったルート検索技術が特徴 : ビジネスナビタイム動態管理ソリューション

カーナビアプリを筆頭に、さまざまなナビゲーションシステムを手がけるナビタイムジャパンが提供するのが「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」です。カーナビアプリで培ったルート検索技術が強みで、効率的なルート選定や正確な到着時間の予測を実現しています。

【主な特徴】

  • ナビタイムのルート検索技術による効率的なルートと、正確な到着予想時間。約90%が±5分以内で目的に到着
  • ベテランドライバーの走行ルートを学習し、他のドライバーのナビゲーションに反映。効率的な訪問順・ルートを自動計算、経路検索で「ベテランの経験に頼らない運行管理業務」が可能に
  • 運用に合わせたシステム連携、API提供にも対応。倉庫管理や受注管理、基幹システムなどとの連携も可能
  • 「到着n分前」のお知らせを、訪問先に向けて自動でメール送信

【料金】

  • 初期費用 250,000円(税別)
  • ライセンス費用
    • ~20ライセンス : 10,000円(税別)
    • ~40ライセンス : 20,000円(税別)
    • ~60ライセンス : 30,000円(税別)
    • ~80ライセンス : 40,000円(税別)
    • ~100ライセンス : 47,500円(税別)

【基本情報】

開始から16年、800社の導入実績 : docoですcar NEXT

ドコモグループのドコモ・システムズが提供する動態管理システム「docoですcar NEXT」。サービス開始から16年で800社への導入実績があり、セキュリティ能力の高さやプランの多様さ(車載端末、スマートフォン双方に対応)が特徴です。

【主な特徴】

  • トラックや営業車をはじめ、建機車両や消防車など幅広い商用車両で運用され、サービスリリースから16年で800社・15,000台を突破!
  • ドコモ品質のクラウドサービスを提供。外部からのサイバー攻撃に対しドコモグループの厳しいセキュリティ基準を採用
  • 専用設計の車載端末からスマートフォンまで対応。専用設計のためドライバー操作不要、かつ過酷な車内環境での利用を前提としているので、耐久性・耐熱性も強み

【料金】

■GPS車載端末 月額・税別

  • 標準プラン
    • お買い上げ 2,900 円 ~ / 台 ※別途端末代金
    • レンタル 4,500 円 ~ / 台
    • 3ヶ月短期レンタルプラン 7,800 円 / 台

 

  • ライトプラン
    • レンタル 3,900 円 / 台
    • 3ヶ月短期レンタルプラン 4,900 円 / 台

■スマートフォン 月額・税別
標準プラン 1,800 円 / 台

■GPS携帯電話 月額・税別

  • 標準プラン 1,800 円 / 台
  • 3ヶ月短期プラン 2,400 円 / 台
  • ライトプラン 500 円 / 台

【基本情報】

まだまだある!24の動態管理システム一挙紹介

モバロケ

モバロケ

出典 : モバロケ

【主な特徴】

  • 車両の位置をリアルタイムで把握!お客様からの問い合わせや、緊急事態にも対応
  • メッセージ送信機能により、渋滞や交通規制のメッセージを配信。ドライバーをサポート
  • クラウド型サービスとすることで自社サーバーが不要。導入費用を抑え、驚きの低価格にてご提供!
  • マルチGPS受信機と業務用IP無線システムにより高精細な位置表示を実現

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

Traffic Vision/MM

【主な特徴】

  • 最新の交通情報を基に、次目的地以降の全地点への到着予想時刻と予想遅れ時間を算出。お客様からの問い合わせや配送遅延に対して迅速な対応が可能に
  • 目的地への到着/出発を自動判定することで、乗務員の操作を不要とし、乗務員の操作負荷を解消
  • 配送計画システムと連携し、配送計画と配送実績を一元管理することで、輸配送の品質向上に貢献

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

ロジこんぱす

【主な特徴】

  • クラウド型のシステムなので導入が容易
  • 自社開発の大型タッチディスプレイ車載機を採用。事務所で全ての車輌の状態(位置、作業状態、速度など)を常に把握
  • 『運転日報機能』を活用すれば、終業した時点で日報を自動生成が可能。車両の戻りを待つ必要なし

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

いつもNAVI 動態管理サービス

【主な特徴】

  • 特別な専用機器は不要。用途・動作環境・予算に応じたアプリをスマートフォンやタブレットに入れるだけ
  • ゼンリン地図を標準搭載。長年培ったゼンリンの地図、ナビゲーションのノウハウを注入した動態管理システム
  • 幼稚園やスイミングスクールなどの送迎バス運行管理に特化した「いつもNAVI動態管理サービスfor送迎バス」もラインナップ。バスの現在地をメール、24時間対応の乗車予約管理、施設の急な休みや予定変更をメッセージ送信といった送迎運用に特化した機能を装備

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

GPS動態管理システム

【主な特徴】

  • GPSで営業マンや配送車両の活動状況をマップ上に表示することで、視覚的に把握
  • ユーザが運行状況を登録することで、各車両の運行状況を把握
  • GPSの位置情報と配送先所在地から、配送先到着予定時間を計測
  • 運行状況が「帰庫中」の場合、GPSの位置情報と自社所在地から帰庫予定時間を計測

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

動態管理システム ugomeki

【主な特徴】

  • GPSで営業マンや配送車両の活動状況をマップ上に表示することで、視覚的に把握
  • ユーザが運行状況を登録することで、各車両の運行状況を把握
  • GPSの位置情報と配送先所在地から、配送先到着予定時間を計測
  • 運行状況が「帰庫中」の場合、GPSの位置情報と自社所在地から帰庫予定時間を計測

【料金】

  • 1ユーザー 1,200円
  • 5ユーザー 6,000円 ※1,200円/1ユーザー
  • 10ユーザー 12,000円 ※1,200円/1ユーザー
  • 50ユーザー 48,000円 ※960円/1ユーザー
  • 100ユーザー 48,000円 ※480円/1ユーザー

※1,000,000ユーザーまで金額設定あり(月額・税抜き)

【基本情報】

D-NAS

D-NAS

出典 : D-NAS

【主な特徴】

  • 移動する車両の位置、作業や走行の状態などの情報を地図画面上で一括把握。ETC車載機やアルコールチェッカーをはじめとする豊富な車載機オプションあり
  • D-NAS .NETではカスタマイズによる高度な管理が可能。自動で経路検索を行い、連続運転や休憩時間を考慮した「運行指示書」の作成、デジタコデータをもとに運転手毎の安全評価・経済評価を自動解析し、レーダーチャート入り・段階評価した「個人評価表」の作成といった拡張も
  • WEB版パッケージもあり。 クラウド型のアプリケーションでお手軽に導入が可能。ブラウザソフトやスマートフォンで簡単に動態管理が行える

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

SwiftGPS

SwiftGPS

出典 : SwiftGPS

【主な特徴】

  • 最低10秒間隔でドライバーの位置情報が取得でき、リアルタイムな配送計画と配送の進捗管理を実現
  • ドライバーの配送状況を荷主・クライアントへの地図表示可能
  • 運転日報を自動記録。ドライバー帰社後の作成が不要に

【料金】

  • 毎月の通信料 : 2300円/台~
  • センター利用料 : 10,000円/ヶ所

【基本情報】

TiMaps

TiMaps

出典 : TiMaps

【主な特徴】

  • スマートフォン・タブレットを使うので、手軽かつ経済的に運用可能
  • 現在の状態をリアルタイムで管理!「運転中」「積卸作業中」「休憩中」「待機中」など、スマートフォン・タブレットから状態を送ることで、管理者側でリアルタイムに現在の状態を把握可能
  • 日報などの帳票を簡単に自動作成。報告書作成などの煩わしいルーチンワークから開放
  • 保守メンテナンスが充実、遠隔操作によるサポートも提供

【料金】

  • 本部システム費用  : 2,500,000円(税抜)
  • 端末アプリケーション : 10,000円(税抜)/1台
  • スマートフォン、タブレット  : 約20,000円 ~50,000円/1台 (メーカー、機種により異なる)
  • 導入サポート費 :  別途相談
  • ランニングコスト  : 通信業者により異なる

【基本情報】

動態管理システム

【主な特徴】

  • 少ない台数で特に必要とする車両から導入でき、運転手に説明不要のワンタッチ操作!
  • 外部インターフェイス(オプション)により、安全運転分析等(速度・アイドリング・急加減速エンジン回転数・各種センサー設置)が可能
  • 異常発生を早期検知し、画面および音でお知らせし(アラーム機能)

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

車両動態管理(AVM)システム

【主な特徴】

  • IP無線およびデジタル無線の双方に対応可能
  • 着信情報を元に、お客様の位置情報、最適車両および配車所要時間を表示
  • 音声自動応答(IVR)システムの追加が可能(オプション)
  • スマートフォンの配車アプリによるピンポイント配車(オプション)

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

RIOS-eTracs

RIOS-eTracs

出典 : RIOS-eTracs

【主な特徴】

  • 通信費節約機能。車両の動態情報を必要時に取得可能なため、定期的に取得する場合と比較し、通信費を削減
  • 豊富な検索機能と通知機能。指定地域への車両の入出監視や、近傍車両の検索が可能。安全運転違反や冷蔵・冷凍庫の温度異常が発生した場合には、パソコンへ通知
  • 緊急通報機能。オプションの緊急ボタンを設置することで、事務所に緊急通報が可能に

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

車両動態管理システム

【主な特徴】

  • インターネットを通じて、ドライバーが持つ携帯電話の位置情報をリアルタイムで検索。配送車両の走行履歴把握に
  • 全車両に直接メッセージを配信することで指示伝達。メッセージの到着・開封状況まで確認可能
  • 災害時でもリアルタイムに車両の位置が分かるので、通行禁止区域を確認しながらの配送経路指示を実現

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

GPS車両動態管理システム

【主な特徴】

  • ランドマーク情報・移動体情報・日報のプリントアウトに対応
  • 作業登録スイッチによる作業内容登録とエンジン回転を1秒毎に取り込むことで、走行データからの燃費解析、空ふかし運転、オーバーレブ、運転状況、作業状況を記録・表示
  • 道路地図は10段階の縮尺表示が可能

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

Ft(Flexible terminal)GPS車両動態管理支援システム

【主な特徴】

  • パケット通信網の利用によりコスト削減を支援
  • 車両の運行進捗状況を一目で把握でき、日報や帳票出力などの機能追加も可能
  • 2タイプの高機能車載端末により、様々な情報をモニタリング

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

スマ・ロケ

【主な特徴】

  • スマートフォンを利用することで、導入コストを大幅に低減。取付工事も不要で違う車両へ持ち運び、入替えも簡単
  • 小規模事業者用荷物追跡サービス(オプション)ではバーコードリーダと組み合わせると、簡単安価に「荷物追跡サービス」が実現。「荷物追跡専用サイト」をお客様向けに公開することも可能
  • 対応温度計(オプション)を利用すれば、1分毎の庫内温度のリアルタイム監視が可能(庫内温度リアルタイム監視)

【料金】

■導入時費用

  • 端末用アプリケーション :  9,800円
  • 事務所側「管理」システムID発行 :  68,000円  / 「閲覧のみ」システムID発行 :  28,000円

■ランニングコスト(月額/通信費用込)

  • サーバ使用料(端末側)12カ月毎更新の場合 :  1,980円  / 1カ月毎更新の場合 :  2,280円
  • サーバ使用料(事務所側「管理」ID):  9,800円  / (事務所側「閲覧」ID):  2,800円

【基本情報】

e-動き.com

e-動き.com

出典 : e-動き.com

【主な特徴】

  • 省エネ管理機能で車両の燃料消費率及びCO2排出量の把握が簡単にでき、環境・省エネに貢献
  • 整備・点検管理機能で車両の使用実績から、オイルやタイヤ交換時期、整備点検時期をお知らせ
  • デジタコで培った安全運転評価機能の採用により、ドライバーの安全運転をサポート
  • いつでも24時間365日どこでも全国サポートのe-動きcom保守サービス

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

スマートe-trasus

【主な特徴】

  • 動態管理として、現在位置・移動履歴およびステータスを端末よりセンターへ連携し、センターの地図画面でタイムリーに参照
  • マップ上のアイコンから他システムに連携、顧客情報の確認や電話がスムーズに
  • 急ブレーキ・急発進・急旋回などの危険運転回数や速度情報を元に、安全運転診断

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

イーグルアイ

【主な特徴】

  • デリバリー業務に特化した送迎車両のリアルタイム管理システム。全国18,000件のホテルのマーカーが管理ページに表示
  • 電話でやり取りしていた利用客のオーダーや目的地の伝達も、事務所PCの管理画面から簡単に送信
  • ドライバーの動態(出発、到着、待機、帰着)もボタン一つで事務所管理者に送信可能。事務所PCの管理画面上のアイコンの色が変わり、ドライバーの状況が一目瞭然

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

Posloca(ポスロケ)

【主な特徴】

  • 現在地情報を知ることでドライバーの業務状況、配車や輸送にかかる時間などを把握。走行経路の改善にも貢献(最短ルートの指導など)
  • 管理ソフト側から「今どこ?」とスマートフォンへ問い合わせることで現在地の情報と動画を送信
  • 動態管理システムのほか、運行管理システムや日報作成アプリも

【料金】

月額オープン価格/台
※2年以内に解約した場合は違約金(月額費用×残月数の半額)が発生

【基本情報】

アイトラック

【主な特徴】

  • スマートフォンのGPS・通信機能を利用したリアルタイム動態管理システム。タブレット対応版も
  • 受け取りサイン等を電子データ管理
  • 音声認識に対応し、ハンズフリーでの操作可能
  • スマートフォンなので、バイクや徒歩の利用にも対応

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

Move++

Move++

出典 : Move++

【主な特徴】

  • スマートフォンを使用するので専用端末なし、スマホ一台でらくらく業務。ドライバーの運行状況をリアルタイムで把握
  • 個人のスマホを業務で使用可能
  • 現在位置をMAP上で確認。渋滞情報を閲覧しつつ回避行動指示が可能。ガソリン代の節約にも

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

金星号

金星号

出典 : 金星号

【主な特徴】

  • 車両から送信される動態データ(車両現在地、運行状態、作業状態、警告状況、速度・回転・温度データ等)を処理し、リアルタムに情報表示
  • 作業イベント・警告イベントをデータベースに記録。過去の情報を呼び出して地図表示可能
  • 車両より警告イベントを受信した際に、ウィンドウにて表示及びサウンドで通知

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

Vehicle One

Vehicle One

出典 : Vehicle One

【主な特徴】

  • スマートフォンやタブレット端末、PC、インターネット環境があれば導入可能。特別な車載機器不要
  • 履歴表示機能により各車両の移動履歴を活用し、曜日・時間・作業・サービスマンなどに着目したデータ分析
  • Google社のクラウドサービスを使用しているので、面倒なバックアップの手間もなし

【料金】

個別で問い合わせ必要

【基本情報】

 おわりに

国内の動態管理システムをできる限りたくさん紹介してきましたが、想像以上にたくさんのシステムがあって驚かれたのではないでしょうか。それほど「社用車の情報をシステムで管理・把握すること」への要望も多く、お金をかける価値があるということなのかもしれません。

社用車・営業車の状況を把握することは、単にドライバーの勤怠管理や効率的な配送ルートを導き出すことだけでなく、事故率の削減や保険料の削減など従業員の安全、会社のコスト削減にも関わってきます。

この記事が自社にあったシステムを見つけるのに少しでも役立てれば嬉しいです。

 

法人向けクラウド管理車両管理サービス無料トライアル
営業車の事故率と保険料を下げる仕組みとは?

関連記事

SNSで最新記事をご購読ください
TOP