• facebook
  • twitter
  • rss

法人向け車載型GPS車両管理システムまとめ

GPS動態管理で社用車の不正利用を撲滅 初期費用ゼロ月額1,480円ではじめる動態管理システム | SmartDrive Fleet

スマートフォンやタブレット、車のナビゲーションなどに搭載しているGPS(Global Positioning System)は、人や車の位置情報を測定する受信機として、様々な場面で役に立っています。特にナビゲーションを必要とするシステムとは切っても切り離せない関係にあり、画面上の地図に自分のいる位置を表示する際には、GPSの測定情報が非常に重要です。

そんなGPSを車載機器に活用した「車両管理システム(動態管理システム)」をご存知でしょうか?

SmartDrive Magazineでは何度か紹介してきましたが、車両管理システムとは車両の位置情報をリアルタイムに把握したり、取得した走行履歴をもとに業務改善に活かせるシステムのことです。

最近では個人法人問わず「ドライブレコーダー」のニーズが高まっているとメディアでも散見されますが、同様に車両管理システムを導入する企業も増えてきました。

そこで今回はGPSを活用した車載型のシステムを中心に、いくつか特徴的なものを紹介したいと思います。

車両管理(動態管理)システムは何をもたらすのか

「そもそも車両管理システムってどんな意味があるんだっけ?」という方もいらっしゃると思うので、最初に車両管理システム(動態管理システム)について触れておきます。そこはもう大丈夫だから具体的なサービスを知りたい、という方は読み飛ばしていただいてけっこうです。

まず簡単に概要を説明すると、動態管理システムとは車両や現場担当者の状態をリアルタイムで記録・管理できるシステムのこと。管理者がオフィスにいながらPC上で車両の動向をリアルタイムで把握し、必要に応じて指示を送ることができます。

そして取得した履歴から運行ルートを効率化することもできますし、運転日報を自動で作成したりもできます。このあたりはサービスごとに特徴が異なるので、各サービスを見比べてみてください。

まとめると車両管理担当者にとっては、以下のようなメリットがあります。

車両管理業務を効率化できる(配送の指示、複数台の動向のリアルタイム追跡など)
コスト節約につながる(事故減少による保険料・修理費用の削減、エコ運転や無駄な走行を控えて燃費削減、余剰車両を発見し解約)
ドライバーの事故減少(安全運転診断機能や、それを活用した安全運転指導による、ドライバーの意識改革と事故減少)

この点については「動態管理システムで何が変わるのか? 特徴やメリットを解説」で詳しく解説しているので、よかったら合わせてチェックしてみてください。

動態管理システムで何が変わるのか? 特徴やメリットを解説

またドライブレコーダーと何が違うのか知りたい、という方は「ドラレコと車両・動態管理システム、それぞれの特徴と違い」という記事で紹介しています。こちらもオススメです。

ドラレコと車両・動態管理システム、それぞれの特徴と違い

業務用の車載型GPS車両管理システム

ここからはいくつか具体的なサービスを紹介していきます。

アクセルGPS(ヴィッシュ)

【サービスの主な特徴】
・「高い信頼性を安価にシンプルに」をコンセプトに、車両の位置を高精度に配信する専用機を提供
・機器購入費用3万円、車載型のシステムではコストの負担が少なめ
・位置情報の更新間隔は30秒に1回。振動・熱・埃など過酷な環境に対応。営業車やトラックなど様々な車両に適応

【各種料金】
・初期費用:30,000円 / 1台
・月額費用:2,500円 / 1台

【基本情報】
・提供会社:ヴィッシュ株式会社
・公式URL:http://gps.jp/

「安価に、シンプルに」というコンセプトのもと、位置情報を高い精度で発信することに特化した車載機器を提供しているサービスです。車載の過酷な環境にも対応した専用設計なので、営業車だけでなく振動の激しいトラックにも正確なデータ取得とでスムーズな運用が可能です。

機器購入費用は3万円。特別な取り付け工事も必要なく、他の車両への載せ替えも簡単。位置情報の更新間隔は「30秒に1回」となり、業務向けの仕様なので高い精度で詳しい位置情報を把握することができます。

また温度差や振動など移動車両の過酷な環境に耐える信頼性がアピールポイントであり、運行現場の声と運用状況の徹底的な分析から生まれた専用器として高い評価を得ています。

追跡くん(トランス・アイ)

追跡くん

出典 : 追跡くん

【サービスの主な特徴】
・トラクターヘッド、シャーシ、建設重機などの盗難・紛失を防止する「離脱センサー」を搭載
・1時間に1回の頻度の場合、車載機器は1年間充電しなくて大丈夫。バッテリーの残量はコンピュータ上でいつでもチェック可能
・ASP・クラウドサーバー・3G通信の利用を含めて月額1,173円から(4年契約一括払いの場合)サービスを利用可能

【各種料金】
・機器一式 37,800円(税抜) / 個
・サービス利用費 4年契約一括払い で1,173円(税抜)〜 / 月

【基本情報】
・提供会社:トランス・アイ
・公式URL:https://trans-i.co.jp/tsuisekikun.php

物流業界に特化した車両管理システム「追跡くん」。盗難や紛失の防止に役立つ「離脱センサー」を車載機器に搭載しており、もし機器が取り外された場合はセンサーが検知するため、時間と位置を自動的に管理者へ報告してくれます。

また防水・防塵設計のため、雨に濡れたり砂埃を被ったりしても正常に動作するため安心です。

専用のGPS車載機器はもちろんのこと、通信サービスやクラウドサービスなど、車両管理における一通りのシステムが構築されているため、24時間の監視体制を整えることができます。

トラックの輸送経路の確認と分析、海運コンテナの位置把握、車両だけではなく資材の管理なども行えるため、まさに物流に特化したサービスといえるでしょう。料金は月額1,173円から安価でスタートできるのも魅力となっています。

ロジこんぱす(ヤマトコミュニケーション)

【サービスの主な特徴】
・自社開発の大型タッチディスプレイ車載機を採用。事務所で全ての車両の状態(位置、作業状態、速度など)を常に把握
・「運転日報機能」を活用すれば、終業した時点で日報を自動生成が可能。車両の戻りを待つ必要なし

【各種料金】
・個別で問い合わせ

【基本情報】
・提供会社:ヤマトコミュニケーション
・公式URL:http://www.yamato-com.co.jp/kanris/

ロジコンパスというサービス名の通り、物流や配送業での利用(運行管理)に最適化したシステムです。独自のお大型タッチディスプレイ車載機が印象的で、離れた場所からすべての車両の位置や作業状況、移動速度を把握することができます。

運転日報の自動作成機能も搭載。特に1日でさまざまな場所を回る配送業者ではドライバーの負担も削減されるので、大きなメリットがあるでしょう。

D-NAS(日米電子)

D-NAS

出典 : D-NAS

【サービスの主な特徴】
・移動する車両の位置、作業や走行の状態などの情報を地図画面上で一括把握
・ETC車載機やアルコールチェッカーをはじめとする豊富な車載機オプションあり
・D-NAS .NETではカスタマイズによる高度な管理が可能
・WEB版パッケージもあり

【各種料金】
・個別で問い合わせ

【基本情報】
・提供会社:日米電子
・公式URL:https://www.nbdenshi.co.jp/ss/product/product01.html

D-NASの特徴は豊富なオプションと、カスタマイズ性です。ETC車載機やアルコールチェッカー、ドアの開け閉めを判断できるドアセンサ、冷蔵庫の温度管理に活用できる温度センサなどさまざまなオプションを備えています。

移動する車両の位置や作業状態、走行の状態を含めたさまざまな情報を地図画面上で一括把握。燃費向上による経費削減や業務効率を向上をサポートするシステムです。

車載型以外のソリューションも

近年は法人向けの車両管理・動態管理システムも進化を遂げていて、大掛かりな車載端末が不要なものもでてきています。

たとえばスマートドライブが開発するSmartDrive Fleetもそのひとつです。

SmartDrive Fleet 初期コストを抑えて、簡単導入クラウド車両管理

シガーソケットに専用のデバイスをワンタッチで取り付けさえすれば、GPSでリアルタイムに車両管理ができます。大きい車載機器が不要なため面倒な工事がなく、業務に支障をきたすことなく手軽に導入でき、初期費用を抑えられるのが特徴です。今ならGPSリアルタイム動態管理機能に特化した初期費用ゼロ・月額1,480円ではじめられるエントリープランもご用意しており、「まず1台じっくり使って効果を試してみたい」といった方におすすめです。

また、クラウドで走行ルートが記録され日報も自動化できるので、業務効率化に使えるのはもちろん、「安全運転診断機能」により各ドライバーの運転傾向をビジュアル表示しています(下のG-Force)。ドライバーの運転が改善しているのかどうかを時間軸で追うこともでき、それによって評価する・表彰するなどを通してドライバーをモチベートしていくと、交通事故予防効果をより促進させることも可能です。

もちろん他にもさまざまな企業が車両管理システムを提供しています。
自社の予算とニーズに合った車両管理システムを探してみてください。

 

 

 

GPS動態管理で社用車の不正利用を撲滅 初期費用ゼロ月額1,480円ではじめる動態管理システム | SmartDrive Fleet
SmartDrive Cars 新車が毎月定額 All in One 車と期間を選ぶだけ、web で簡単マイカー選び

関連記事

SNSで最新記事をご購読ください
TOP