【比較表つき】ケンウッドのドライブレコーダー8選

法人向けクラウド管理車両管理サービス無料トライアル

今回は、オーディオメーカー・映像機器メーカーの老舗として有名であり、カーマルチメディア機器の開発・販売も手掛けている「ケンウッド」のドライブレコーダー8種を紹介します。

記事の末尾にはサイズや画素数、参考価格(amazonでの参考価格です)を元にした比較表も記載しました。購入を検討するの際にぜひ参考にしてみてください。

ケンウッド製のドライブレコーダー

カーマルチメディア製品の大手として有名なケンウッド(KENWOOD)も、ドライブレコーダーの新商品を定期的に発売しています。商品ブランドの知名度が高いため、各通販サイトにおける売り上げランキングも常に上位に位置しており、他社の追随を許さない高性能ドラレコとして、多くのユーザーから注目を集めています。

ケンウッドが手がけるドライブレコーダーについては公式サイトも参照ください。

2017年現行モデル

1. DRV-N520

・画素数:400万画素
・参考価格:¥16,171
・公式URL:http://www.kenwood.com/jp/products/drive_recorder/drv_n520/

Full HD画質(1920×1080)を超える高解像度「3M(メガ)2304×1296」の録画を実現。ナンバープレートや標識などを細部まで鮮明に記録することができ、また明暗差に対応するHDR(ハイダイナミックレンジ)も搭載しているため、数あるドライブレコーダーの中でも一歩先を行く商品として注目を集めています。

他にもカーナビとリンクさせることにより、ナビ本体の持つ正確な自動車位置情報をドライブレコーダーへ反映させることもできます。ケンウッドはカーナビの開発にも力を入れているため、セットで買えばマップとリンクした情報を残せるでしょう。ただし「ナビ連動型」の商品のため、単品での使用はできないとのことです。

【主な機能】GPS搭載(カーナビから受信)、G(加速度)センサー搭載、運転支援機能搭載、HDR搭載

2. DRV-610

・画素数:340万画素
・参考価格:¥15,800
・公式URL:http://www.kenwood.com/jp/products/drive_recorder/drv_610/

3M(2304×1296)のフルハイビジョン録画に運転支援機能を搭載したハイスペックモデル。急激な明るさの変化に強いWDRも搭載しており、明暗性激しい環境下でも鮮明な映像を記録してくれます。目玉となる運転支援機能は、「前方衝突・車線逸脱・発進遅れ」などを警告音で知らせ、ドライバーの運転をカメラの技術でサポートしてくれます。

LED信号機の点灯とドライブレコーダーの撮影周期が一致することで、信号機の点灯が正確に録画できないことがありますが、DRV-610はコマ数を適正に設定することで無点灯記録を防いでくれることも特徴的です。

【主な機能】GPS搭載、G(加速度)センサー搭載、運転支援機能搭載、WDR搭載

3. DRV-410

・画素数:400万画素
・参考価格:¥14,180
・公式URL:http://www.kenwood.com/jp/products/drive_recorder/drv_410/

デジタル放送を超える3Mの高解像度録画を実現し、急激な明るさの変化にも強いHDRを搭載したモデルです(※注:3M記録モードの時はHDRは動作しません)。難点としては、DRV-610と比べて画面が小さいこと。

しかし画面が小さい分、全体的にコンパクトな製品となっており、運転支援機能の搭載や信号機の無点灯記録も防いでくれるため、高性能な機能が満載のモデルとなっています。

【主な機能】GPS搭載、G(加速度)センサー搭載、運転支援機能搭載、HDR搭載

4 . DRV-325

・画素数:200万画素
・参考価格:¥13,499
・公式URL:http://www.kenwood.com/jp/products/drive_recorder/drv_325_drv_320/

高精細なハイビジョン録画を、コンパクトな機器で実現したDRV-325。ケンウッドが今まで発売したモデルより、容積比で約20%の小型化を達成しており、ドライバーの視界を遮ることのないスタイリッシュな装着が可能です。

DRV-325ではmicroSDカードの「32GB」が付属しており、長時間の録画ができるのも強みとなっています。

【主な機能】GPS搭載、G(加速度)センサー搭載、HDR搭載

5. DRV-320

・画素数:200万画素
・参考価格:¥13,700
・公式URL:http://www.kenwood.com/jp/products/drive_recorder/drv_325_drv_320/

DRV-325と同様、高精細なハイビジョン録画を実現したコンパクトモデル。こちらはmicroSDカードの「8GB」が付属しており、容量以外はDRV-325と仕様が同一となります。画素数はこれまで紹介してきた製品に劣りますが、その分価格は抑えめです。

【主な機能】GPS搭載、G(加速度)センサー搭載、HDR搭載

2016年モデル(生産完了)

6. KNA-DR500

・画素数:251万画素
・参考価格:¥29,800
・公式URL:http://www.kenwood.com/jp/products/drive_recorder/kna_dr500/

ナビ連動型のスタンダード・ドライブレコーダー。ナビ本体の正確な位置情報を記録でき、7インチのワイドモニターを通してタッチ操作や再生が可能です。注意点としてナビ連動タイプのため、ドライブレコーダー単体での使用はできません。

4つの録画モードが搭載されており「常時録画・衝撃録画・手動録画・駐車録画」のそれぞれから選ぶことができます。録画方式は1920×1080のFull HDなので鮮明な記録が可能。他にも、高感度CMOSセンサー搭載により「水平約135°、垂直約77°」の広い視野をカバーしていることや、映像のブレを抑えるブレ補正機能も搭載しています。

【主な機能】GPS搭載(カーナビから受信)、G(加速度)センサー搭載、HDR搭載

7. KNA-DR350

・画素数:213万画素
・参考価格:¥18,900
・公式URL:http://www.kenwood.com/jp/products/drive_recorder/kna_dr350/

高感度のGPSを搭載しており、日時・速度・位置情報をせっかくに記録してくれます。お同梱する「KENWOOD ROUTE WATCHER」を使用すれば、Googleマップを活用した位置情報の確認を行うことができます。

Gセンサーで検知した重要な映像・音声データは、上書きせずにSDカード内の緊急用フォルダに保存してくれるため安心。他にも、カメラの弱点であった急激に明るさの変化に対応するHDRを搭載しており、トンネル出入り口付近などで発生する「白とび」や「黒つぶれ」を録画時に抑えてくれます。

【主な機能】GPS搭載、G(加速度)センサー搭載、HDR搭載

8. KNA-DR300

・画素数:213万画素
・参考価格:¥17,036
・公式URL:http://www.kenwood.com/jp/products/drive_recorder/kna_dr300/

高感度F2.0レンズを採用のスタンダード・ドライブレコーダー。また、「水平約100°、垂直約55°」の広角レンズを搭載しており、広い視野での録画が可能となっています。microSDメモリーの領域を「通常・緊急・駐車・写真」と4分割に割り当てすることができ、記録内容の整理がしやすいです。

【主な機能】GPS搭載、G(加速度)センサー搭載、HDR搭載

商品一覧表(2017年8月27日)

商品名 商品サイズ

(幅、厚み、高さ)

画素数 参考価格

※Amazonを参考

DRV-N520 7.9 × 4.8 × 6.6

cm

400万画素

 

¥16,171
DRV-610 9.1 × 3.7 × 4.9

cm

340万画素

 

¥15,800
DRV-410 7.7 × 3.5 × 5.6

cm

400万画素 ¥14,180
DRV-325 6.2 × 3.7 × 5.1

cm

200万画素

 

¥13,499
DRV-320 6.2 × 3.7 × 5.1

cm

200万画素 ¥13,700
KNA-DR500 9.6 × 5.6 × 2.9

cm

251万画素 ¥29,800
KNA-DR350 6.5 × 3.6 × 6.6

cm

213万画素 ¥18,900
KNA-DR300 6.5 × 3.6 × 6.5

cm

213万画素 ¥17,036

今回紹介した製品は1万円以下のものはなく、とにかく最低限の機能と値段の安さを重視したいという方には別メーカーのドライブレコーダーが向いています。ただケンウッド製のドライブレコーダーは、同社が販売しているカーナビと連携する商品もあり、地図情報と照らし合わせながら記録を残してくれることなど機能面で強みがあります。

加えて映像記録を鮮明に残すことに関しては特に力を入れており、3M(2304×1296)の録画はケンウッドのアピールポイントとなっています。「事故が起きた時に相手のナンバープレートをしっかり記録したい」、「旅行へ行った時にドライブの貢献をきれいに残したい」などの要望があれば、今回ご紹介した商品を手に取ってみてはいかがでしょうか?

法人向けクラウド管理車両管理サービス無料トライアル
営業車の事故率と保険料を下げる仕組みとは?

関連記事

SNSで最新記事をご購読ください
TOP