移動の進化を体感せよ–– 1分でわかる「 Mobility Transformation Conference 2019」見どころポイント3つ

移動の進化を体感せよ–– 1分でわかる「 Mobility Transformation Conference 2019」見どころポイント3つ

––202X年、移動の歴史が大きく変わる––

自動運転、EV、ライドシェア、オンデマンド交通など、ここ数年で移動にまつわる大きな地殻変動が起き、新たなモビリティ社会が訪れようとしています。大変革期にある今だからこそ、異業種同士が垣根を超えてコラボレーションし、新たなサービスの開発や新たな価値を創出することが業界全体の発展につながるはずだ。スマートドライブでは、「移動の進化を後押しする」をミッションとして掲げ、各業界や地域の移動に関する課題に対して真っ向から向き合い、自社が持つ技術によってどのように解決すべきか、そして移動というものの価値そのものを変えようと真摯に取り組んできました。

そんなモビリティ業界の進化を後押しすべく、11月15日金曜日、移動の進化を体感できる日本最大級の共創型モビリティカンファレンス「Mobility Transformation Conference 2019」を、東京の中心地・虎ノ門ヒルズフォーラムにて開催いたします。豪華なスピーカーや濃密なセッションが続々と発表され、想定を上回る勢いで全チケットがSOLDOUT。開催まで一週間を切りましたが、ここで改めて、カンファレンスで見逃せない重要なポイントを3つご紹介します。

1. 業界の垣根を超えた企業が集結。50人以上のスピーカー

これからの時代、市場を拡大し業界を発展させるには企業や業界が垣根を超えて共創することが必要不可欠です。大手企業もスタートアップも、自動車業界もその他の業界も、各業界や各社が持つ強みをそれぞれ掛け合わせていくことで、先進性のあるソリューションを生み出す。そしてそれが、日本のMaaSを大きく前進させることにつながっていく。

「Mobility Transformation Conference 2019」では、タクシー、鉄道などの交通インフラ、自動車メーカーから、不動産、IT、クリエイティブ、コンサルティング、金融、弁護士まで、モビリティを取り巻くあらゆる業界のキープレイヤーが50名以上集結。さまざまな切り口と多種多様な視点で最新事例の発表やパネルディスカッションを行い、「移動の進化への挑戦」を紐解いていきます。中でも注目いただきたいのがパネルディスカッションの多さです。各企業、自社が持つ知見やノウハウをどのように活用し、どのような手段でモビリティ社会を一新させようとしているのか。移動の進化をどのような視点で捉え、どのような未来を描いているのか。いずれも白熱すること間違いなし!

<登壇企業一覧>
インテル / 森・濱田松本法律事務所 / ジャガー・ランドローバー / ローランド・ベルガー / JapanTaxi / 東急電鉄 / What3words / LINE / ダイハツ / 三井不動産 / 日本マイクロソフト / ドッツ / SUBARU / バスキュールレイヤーズ・コンサルティング / トレジャーデータ / ウイングアーク1st / 電通デジタル / アクサ損害保険 / プレステージ・コアソリューション / DNX Ventures / Plug and Play Japan / ゴールドマン・サックス証券 / The Breakthrough Company GO / TikTok / 博報堂ケトル / 楽天 / 日本ハネウェル / モノフル / ナウトジャパン / さくらインターネット / HEART CATCH / ナイル / Zuora Japan / akippa / KDDI / 世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター / 本田技術研究所 / スズキ / 森ビル / INCJ

2. 国内外の先端企業に触れる!LTとエキシビジョン

セッションの休憩時間には、リフレッシュルームで国内外の最先端スタートアップのLT(ライトニングトーク)を開催。休憩時間も一切無駄にせず、参加者に学びや気づきを与え、クリエイティビティを刺激します。また会場内に設置されたエキシビジョンエリアにはさまざまな業界のブース出展がありますので、最先端テクノロジーやトレンドを直接見て、触れることができます。

<ブース出展企業一覧>
アクサ損害保険株式会社 / UPWARD株式会社 / 株式会社クレスト / グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 / Sansan株式会社 / 積水化学工業株式会社 / 株式会社ソラコム / ソートスポット合同会社 / 株式会社Pyrenee / ベルフェイス株式会社 / Nauto Japan合同会社 / 株式会社ユーザベース

<ライトニングトーク登壇企業一覧>
EventHub / Dream Drive / what3words / シード / Visionaries 777 / Nauto / JapanLeapMind

3. 開催前からネットワーキングが可能!

「新たな知見を得て、事業に活かしたい」「気になるサービス・企業がある」など、カンファレンスに参加される理由はさまざまかと思いますが、「Mobility Transformation Conference 2019」最大の特徴とも言えるのが、当日の登壇者や参加企業とネットワーキングできることです。

本カンファレンスでは、イベントでのビジネスネットワーキングや商談の機会を加速する「EventHub」を導入し、カンファレンスの開催前から終了後まで、業界・企業の垣根を越えたビジネスネットワーキングを可能にしました。ただ講演を聞き、学びを得るだけでは終わりません。あなたのビジネスを加速させるために、新たなイノベーションを促進するために、是非気になった方と積極的に多くのつながりを築いてください。

 

カンファレンス終了後のレポートはこちらにてご登録いただくことでフリーダウンロードが可能です。

それでは当日、みなさまのご来場を心よりお待ちしております!

TOP