【マイカーリリース比較】コスモとオリックス、2社の特長と料金

法人向けクラウド車両管理サービス 事故予防・コスト削減・業務効率化・コンプライアンス

カーリースといえば従来法人向けに展開されてきたサービスでしたが、近年個人のマイカーにもリースが導入され始めています。

これまであまりマイカーリースが浸透してこなかったのは、通常のマイカーローンと比較すると税金関係や車検整備に関わる費用が含まれるため、料金が高くなりお得感がわかりづらかったこともあるでしょう。法人ほど会計面のメリットもありません。

実際には通常のマイカーローンで購入した場合、月々の支払いはもちろん毎年の自動車税や車検時の整備料金、自賠責保険料、重量税、定期的なオイル交換などの費用が発生します。年間トータルで比較すればマイカーローンもマイカーリースもほとんど変わらないのです。

一方マイカーリースでは月々のクルマに対する支払額が一定で、税金を改めて納付する必要もありません。点検や、オイル交換などのメンテナンスも一部プランを除けば含まれますので、常にベストコンディションを保つことができます。そのためクルマにあまり関心の無い人や乗りっぱなしの人でも、メンテナンスなどを気にせず安心してクルマに乗れることが特長です。

今回はマイカーリースの中でも代表的な2社のサービスを比較しながら紹介します。リースのイメージをつかんだり、実際に検討する際の参考にしてください。

マイカーリースは大手2社が目立つ

マイカーリースを提供しているリース会社で代表的なのは、ガソリンスタンドを全国展開するコスモ石油とレンタカーやカーシェアなどレンタル&リースを全国展開するオリックス自動車の2社です。

その他では住友三井オートリースやオリコの提供するコアラクラブも有名ですが、店舗数や料金を考慮すればコスモ石油の「コスモスマートビーグル」とオリックス自動車の「いまのり」シリーズが業界を引っ張る存在といえます。

オリックス「いまのりシリーズ」の特徴

オリックスの「いまのり」シリーズは5年リースの「いまのりくん」、7年リースの「いまのりセブン」、9年リースの「いまのりナイン」があります。

いずれのプランもリース期間中の税金関係や、自賠責保険などの諸費用は全て含まれます。オイル交換や車検整備はそれぞれに対応したクーポンで実施される仕組みで余計な維持コストはかかりません。ただしタイヤ交換やバッテリー交換、定期点検費用はリース料金に含まれまれないので、その点は注意が必要です。

手続きはオリックスリースの店舗の他、インターネットや郵送でも進められます。

それぞれのプランの違いについては、オリックスカーリースのサイトで紹介されている図がわかりやすいです。

  • いまのりくん : 2年たったら乗り換え・返却が自由でクルマの買取りできず、自分のクルマにすることは不可。5年後は返却。
  • いまのりセブン : 5年たったら乗り換え・返却が自由で7年後は自分のクルマにすることが可能。
  • いまのりナイン : 7年たったら乗り換え・返却が自由で9年後は自分のクルマにすることが可能。

9年の長期リースができ、月々の支払を極力抑えられるのはオリックスリースの強みです。

新しいクルマを短期間で乗り換えたいユーザーはいまのりくんがおススメ、長く乗りたいユーザーはいまのりセブンやナインがおススメです。セブンやナインではいずれ自分のクルマにすることができることがメリット。今のクルマは耐久性も向上し10年以上問題なく走れる場合が多くなっていますから、どちらかのプランが絶対的に優れているということはないでしょう。

コスモ石油「スマートビーグル」の特徴

個人向けのカーリース「コスモスマートビークル」は、全国のコスモ石油のガソリンスタンドでサービスを受けることができます。コスモザカードを利用すればガソリン代金の割引を受けられるほか、国家資格を持つ整備士によるメンテナンスを受けられる点も特長です。

契約プランは60か月と84か月の期間選択に加え、サービスパックのゴールド、シルバー、ホワイトの3つのプランが選べます。こちらも細かい違いは公式サイトを一度ご確認ください。

ホワイトプランは車両代金と登録時の諸費用、期間中の自動車税のみしか含まれないシンプルなプラン。オイル交換などの消耗品交換、車検整備料金、継続車検時に必要な自賠責保険や重量税など含まれないため、リース料金を最優先したい人向けです。ホワイトプランの場合は、通常マイカーローンとサービスの違いが少ないため、リースならではのメリットが少なくなります。コスモザカードで給油時のガソリン割引が1Lあたり1円引きの特典付き。

シルバープランはホワイトプランに期間中の自賠責保険や重量税、車検整備料金、定期点検料金、オイル交換など通常クルマを維持するために必要な費用を含めたプランです。コスモザカードで給油時のガソリン割引は1Lあたり3円引きの特典付き。

ゴールドプランはシルバープランにタイヤ交換、バッテリー交換、ワイパーゴム交換等各種消耗品の交換に延長保証とロードメンテナンスが付いた乗りっぱなし可能な手厚いプランです。コスモザカードで給油時のガソリン割引は1Lあたり5円引きの特典付き。

消耗品も全てコミコミのマイカーリースはコスモ石油だけですし、シルバープランでも定期点検が入るのもスマートビーグルの特徴です。

マイカーリースの審査基準

マイカーリースの審査基準は、マイカーローンや残価設定ローンの審査基準と大きな違いがありません。そのためリースだからといって審査が甘くなるということはないです。

基本的な個人情報が審査の対象で、住所、職業、年齢、年収などを元に審査をされます。専業主婦や学生で収入が無い場合は、一定収入のある連帯保証人を立てることにより審査を通すことができます。

以下にあてはまる場合は、審査が通りにくい可能性があるので注意しましょう。

  • 過去にクレジットカードによる買い物で支払いが遅れたことがある
  • 他のマイカーローンで支払が遅れたことがある
  • 多額のローンが現在ある。または多額のキャンシング利用を行っている
  • 転職し勤続1年未満

大抵の審査はCIC(クレジットインフォメーションセンター)に保存されているデータをもとに行なわれます。手数料が1,000円かかりますが、自分の個人情報の照会が可能です。インターネット上で完結するので、不安な方はアクセスしてみると良いでしょう。

ちなみに信用情報機関のデータには5年の保管期限があります。ただし官報に保管される自己破産情報は消えることはないので、自己破産歴がある場合はリースもローンも通りづらいです。

マイカーリース料金シミュレーション

それでは試しに同じ条件の車をリースする場合に、どのくらいの金額が毎月かかるのかをシミュレーションしてみましょう。今回はスズキのハスラーで比較します。細かい条件は下記を参照ください。

  • 基本情報 : スズキ「ハスラー」 5ドア / Gグレード / CVT(AT)/  4WD
  • メーカーオプション : パッションオレンジ ホワイト2トーンルーフ
  • その他オプション : ETC パイオニア楽ナビ+バックカメラ

オリックス「いまのり」シリーズの3プランと、コスモ「スマートビークル」で最もベーシックなシルバープランで期間を変えて2プラン、合計5プランで毎月の料金を出します。先に結果をお見せしてしまうと以下のようになりました。

プラン 期間 料金
いまのりくん 60ヶ月 32,832円
いまのりセブン 84ヶ月 27,216円
いまのりナイン 96ヶ月 22,572円
スマートビークル シルバーメンテパック 60ヶ月 31,320円
スマートビークル シルバーメンテパック 84ヶ月 27,108円

オリックスリースもコスモ石油も同じ期間ではほとんど変わりがありません。コスモザカードをすでに持っている方であれば、ガソリン代が値引きされることに加え定期メンテナンス代金も含まれる、コスモ石油のスマートビークルが使いやすいのではないでしょうか。

ただし注意しておきたいのは、オリックスリースの走行距離は2,000km/月ですがコスモ石油は1,500km/月だということです。コスモ石油では1,000km/月の契約も可能ですが、どちらもその他の走行距離設定はありません。つまり走行距離に限っていえば、年間2万キロ走るような人はオリックスリースが、逆に年間1.5万キロ未満であればコスモ石油が適しています。通勤距離で計算するなど、実際に使うことを想定しながら試算することが大切です。

ちなみにスマートビークルのシルバーパックを60ヶ月のプランで利用する場合、ゴールドパックの同プランよりも月に約3,400円安くなります。1年間で換算すると約4万円です。よっぽど車を乗る人でない限り、毎年バッテリーをダメにすることはないですし、タイヤもそんなにたくさん買わないでしょう。ワイパーゴムも1本1,000円前後ですからそこまで車に乗らない人はシルバーパックが向いています。

月々の支払金額だけを見ると、魅力的なのはオリックスリースのいまのりナインです。この料金には9年間のクルマに関する税金が全て含まれています。月々の負担が最も少なく、ボーナス支払い設定をしない場合は毎月一定額のみ支払うだけで、車検や税金など、まとまったお金はいりません。

オリックスリースいまのりセブンとナインは期間終了後そのまま自分のクルマになります。一方でコスモ石油のスマートビークルは自分のクルマにする場合には、その時の残価分で買い取る必要があります。そのため長く乗り続けるならオリックスリース、期間満了時に返却・乗り換えならコスモ石油という軸で検討してみるのもいいでしょう。

最近ではレンタカーやカーリースだけではなく、カーシェアなど車の利用手段が広がってきています。それぞれの手段ごとに特長や向き不向きが異なるのはもちろんですが、今回紹介したように同じカーリースでもサービスの中身は違います。

自分の車の利用シーンをイメージしながら、サービスごとの特長を把握した上でもっとも良いものを選択してください。

法人向けクラウド車両管理サービス 事故予防・コスト削減・業務効率化・コンプライアンス
営業車の事故率と保険料を下げる仕組みとは?

関連記事

SNSで最新記事をご購読ください
TOP