• facebook
  • twitter
  • rss

最新テレマティクスサービスで安全運転とコスト削減を実現する方法 [PR]

本記事は、住友三井オートサービス株式会社が取扱するソリューションSmartDrive Fleet 紹介のタイアップ記事となります。

数年前から少しずつ広がってきているテレマティクス。本メディアでも何度かご紹介をしてきましたが、テレマティクスとは自動車などの移動体に通信システムを搭載することで、車が常時インターネットをはじめとする通信サービスと繋がり、様々な情報を送受信することができるサービスのことです。

スマホやタブレットが当たり前のように普及し、今やモノとインターネットが当たり前のように繋がる時代に突入しています。テレマティクスはすでにいくつかのサービスへと実用化されていますが、保険料が安価になるだけでなく安全運転促進にも活用ができるのです。

住友三井オートサービスでも多様なお客様のニーズや業務を一元化し、人的・資金的負担を大幅に削減できるカーリースご提供の中で、車載デバイスを工事不要で車両に取り付けることで簡単にテレマティクスを実現することが可能なスマートドライブ 社のクラウド車両管理サービス「SmartDrive Fleet」を取り扱いしています。

資料ダウンロードする

テレマティクスとは、テレコミュニケーションとインフォマティクスを合わせて作られた造語で、「自動車などの移動体に通信システムを組み合わせて、リアルタイムに情報サービスを提供すること」(IT用語辞典の定義)です。自動車がインターネットに接続するサービス、つまり「自動車のIT化」をイメージしていただくとわかりやすいいかもしれません。

ネット接続が可能な端末を通してインターネットや通信サービスと繋がることで、交通情報や天気、ニュースなどのさまざまな情報(コンテンツ)を受け取れるだけでなく、車から個々のドライバーの運転特性や走行データを取得し、安全運転促進への活用ができるのがテレマティクスの大きな特徴です。

国内でテレマティクスが始まったのは、1995年より政府主導で進められたATISとVICSからです。ATISは主に警視庁からの交通情報を配信し、ATIS対応車載端末(カーナビ)で受信する仕組みでした。VICSは、FM多重放送や道路上の発信機から受信した交通情報を図形や文字で表すシステムで、交通規制や渋滞などの道路情報をカーナビに送るというもの。

テレマティクスが急速に広がっていった背景には、スマートフォンとクラウドサービスの普及があります。そしてこの数年で、IT技術が飛躍的に進化しているため、さらなるサービスの向上と拡大が期待されているのです。

 

2018年は自動車保険に大きなニュースがありました。それは、大手損害保険会社4社が、こぞって自動車保険の保険料を2~3%引き下げたことです。

自動車保険が値下げになった理由は、2016年11月24日、損害保険料算出機構が「自動ブレーキ装着の有無」によって保険料を区分する新たな保険料係数(保険料の算出に使用する値のこと)の導入を発表し、自動ブレーキなどを備えた先進安全自動車(ASV)が保険料を9%割引かれることになったためです。2017年にはさらに、料率区分ごとの格差などを見直し、自動車保険の参考純率を平均8%引き下げることを発表しています。

近年発売されている自動車には、衝突被害軽減ブレーキ装置や急ブレーキ時にタイヤがロックされるアンチロックブレーキシステムなど、様々な安全装置が備えられています。事故防止を目的にこれら危険を回避する技術が搭載されているため、大きな自動車事故が減少し、保険料の減少に繋がっています。

それとともに注目されているのがテレマティクス保険です。これは、先ほど説明したテレマティクスの技術を駆使して自動車や運転のデータを取得・分析し、そのデータを元に事故の発生確率を割り出して保険料率を算定する保険のこと。急発進や急ブレーキの回数、運転時間帯、運転傾向、走行距離など細かな情報を収集し分析して保険料が設定されるため、保険料の減少だけでなく、安全運転への意識向上や事故の防止が期待されています。

安全運転なら保険料が安くなる」――安全運転をしているヒトや企業が得をして公平な保険料を実現するためにも、テレマティクス保険は個人にも法人にも合理的なサービスと言えるかもしれません。法人企業は、安全運転が周知できれば事故の防止だけでなく燃費も抑えることができるようになりますので、保険料とともに全体的なコスト削減にもつながるでしょう。そういった総合的な視点で捉えると、テレマティクスのメリットがいかに大きいか、伝わるのではないでしょうか。

 

実証されたテレマティクスの有効性

2018年10月3日、テレマティクス保険の販売をしているあいおいニッセイ同和損害保険は、これらの商品による交通事故の未然防止効果を確認したことを発表しました。

2016年4月より同社が提供を開始した、自動車保険フリート契約者向けのテレマティクスサービス(法人向けサービス)、「ささえるNABI」は、導入10,000台を突破。急速に増えた導入台数もさることながら、導入企業においては対前年同期比で約7割の企業で事故が減少しています。そして、導入企業全体の事故件数は約4割削減し、テレマティクスによる効果の高さを実証しました。

社用車を所有する企業が日々、頭を悩ませているのが、人手のかかる車両管理と車両にかかる自動車保険料かもしれません。いずれもコストや手間がかかるうえ、一筋縄では行かないものです。テレマティクスは単に導入するだけでは明確な効果が出るものではありませんが、取得したデータをいかに活用するかによって、コスト削減、業務の効率化、安全運転対策などが実現し、大きな成果を得ることができます。次の項で詳しく説明していきましょう。

 

テレマティクスを最大限に活用するには

「保険料を抑えたい」「もっと適切に業務を遂行できないものかな」「無駄をなくしてコストの適正化をはかりたい」「とにかく事故を減らしたい」これらすべてを解決するのがリアルタイムでドライバーの運転を検知するテレマティクス搭載の車両・動態管理システムです。

以前、SmartDrive Magazineでは交通事故の原因についての統計データを紹介しましたが、交通事故の削減に対する企業担当者のニーズは常に高く、SmartDrive Fleetも「安全運転の促進/事故の抑制」を実現するための機能に力を入れています。先述した統計データによると交通事故の原因の約75%を安全運転義務違反と言われるものが占めていますが、中でも特に多いのが安全不確認による事故、次いで脇見運転、動静不注視です。

つまり、交通事故を減らすためには、安全運転義務違反につながる危険な運転を減らさなくてはなりません。そもそも事故を起こさないためには、もっと前の段階で事故になり得る要因を突き止め、対処する必要があります。それこそがテレマティクス搭載の動態管理システムに求められる役割だと言えるでしょう。そんな次世代サービスの一つが株式会社スマートドライブが提供するSmartDrive Fleetです。

SmartDrive Fleetは、GPSリアルタイム動態管理、ドライバーの勤怠管理や運転日報の自動作成、ドライバーごとの安全運転診断スコアリングなど、安全運転や事故防止につながる多くの機能を搭載しています。

資料ダウンロードする

 

デバイスに内蔵されているセンサーは、運転中に生じた加速度(G)と加加速度(ジャーク)を計測。計測されたデータをもとに、走行中に発生した危険挙動(急加速・急減速・急ハンドリングなど)を数値化して分布図で表示することができるため、営業スタッフや配送ドライバーの運転の癖を可視化して適切な安全運転教育が行えるようになるのです。

運転状況がくっきりと反映された運転診断により、離れていて見えなかった「ドライバー一人ひとりの運転のクセ」や「危険挙動に伴う事故リスク」を全てスコアとして可視化し、後から管理者とドライバーが一緒に振り返ることができるがことがポイントです。

危険運転につながるポイントが具体的に特定でき、管理者も適正な指導ができますし、ドライバー自身が気づいていなかった改善点も掴みやすくなります。また、時間を追って運転が改善していったかどうかなどもしっかり追うことができるので、その場だけの指導に終わってしまうことはありません。長期的に、安全運転への意識とスキル向上を図っていけるのです。

ドライバーの運転に異変があったら、他の日の走行距離と比べてどうか、外的な要因か内的な要因か、様々な角度から原因を分析していくことが事故削減へのカギとなります。こうしたデータは分析の目を通して安全運転対策に活用し、ドライバーと企業の意識を強化していきましょう。

 

関連記事

住友三井オートサービスでは、より具体的に事故の背景要因を明らかにするための高精度な動画解析ソリューションRISCOVERを提供しています。AI技術を応用した画像分類エンジンを使用し事故につながるドライバーの危険挙動を検知することが可能で、利用したお客様の検証結果では91%が事故再発防止に成功した実績があります。

 

事故防止につながる!ドラレコの動画データ活用術 [PR]

 

また、SmartDrive Fleetはクラウド上で営業車の位置をリアルタイムで把握することで配送ルートを最適化したり、所有する社用車の状態を効率的に管理し、業務量を把握して働き方改革をサポートする動態管理機能を備えています。この機能と併せて車両予約機能を使うことで、いつ誰がどこを走っているか、また実際には予約したが使っていない車両(走行実績がない)を判断することが可能でより効率的な車両活用を促すことができます。このような多岐にわたる機能を管理者はパソコンの専用ページより細かく設定可能な権限に基づきリアルタイムな状況や走行結果を確認することが可能です。

住友三井オートサービスでは、全国42箇所の営業拠点でSmartDrive Fleetを取り扱っており、サービス導入だけではなく運用開始後のサポートに即応できる体制を整えています。

 

細かい業務が多いからこそ任せる

車両管理の業務は事務的な作業から運行管理、コストの見直しまで非常に多岐に渡ります。細かい作業が継続的に必要となるため、特に管理台数が多くなればなるほど、ひとつひとつマニュアルに管理しきれないと感じることもあると思います。車両管理システムはそういった管理項目を集約して見える化し、かつ自動化できるところは自動化してくれるので人的ミスや作業工数を軽減させることが可能です。

住友三井オートサービスでは、車両管理業務の合理化を支援するためにBPO(車両関連付帯業務のアウトソーシングサービス)も行なっおり、車両にかかわる全ての困りごとにお応えできる豊富なサービスやクライアントの課題に応じた解決方法の提案、また全国に展開する拠点でお客様の現場の課題を吸い上げ解決するためのサポートをご提供が可能です。

資料ダウンロードする

SmartDrive Cars 新車が毎月定額 All in One 車と期間を選ぶだけ、web で簡単マイカー選び

関連記事

SNSで最新記事をご購読ください
TOP