適切な代車管理は顧客の満足を高める!代車管理システム厳選5選

適切な代車管理は顧客の満足を高める!代車管理システム厳選5選

メンテナンスや修理、点検や整備など、人と同じように車も体調管理を行うために1日から数週間、定期的に修理工場やディーラーへ預ける必要があります。その間に代わりの移動手段として提供されるのが代車です。しかし、紙やホワイトボードによる手書きの管理だと、貸し出す代車が多ければ多くなるほど、いつからいつまで、どの企業に、何台貸し出したのかがわからなくなることも。その際に役立つのが代車管理システムです。

代車管理システムとは

 

車のメンテナンスや点検などを行う損保会社やディーラー、整備工場、レンタカー会社などでは、通常、お客様から預けていただいた車の代わりに自社が所有する代車を貸し出しています。

これらの企業は代車を一台貸し出す場合でも、いつ、どの車両をどの企業(だれ)に、いつまで利用されるかといった情報を把握し、返却から返却後の整備までをしっかりと行う必要があります。管理がずさんだと、「今日、お客様にお渡しする予定だった装備の代車がない」「貸し出す予定だった代車の用意が間に合わない」など、貸し出し中に不備が発生したり、代車の準備が遅れたりするなどして、お客様へ不満や不安を与えてしまう可能性があるからです。また、代車に不備があると事故につながりかねませんし、希望の代車や装備が搭載されていないと顧客との関係性に支障をきたしてしまうことも…。

代車の管理を紙やエクセルに手入力で記載している企業も少なくありませんが、スケジュールの延期など直前の変更が発生するも多く、スタッフによる記入漏れを確実に防ぐのは難しいことです。管理事項スムーズかつ万全の状態で代車をお渡しするためにも、代車管理は適切に行うべきだと言えるでしょう。

今すぐ役立つ!代車管理システム5選

 

そこで役立つのが代車管理システムです。最大のポイントは貸し出し期間や誰にどの車両を貸し出しているのかが一覧で表示されるため、一目で状況が把握できること。変更もシステム上で行えば即時反映されますので、情報の共有にズレが生じることもありません。代車管理は顧客管理と同じです。代車管理システムを上手く活用することで。お客様に長期的に自社サービスを利用し続けてもらうための、丁寧かつ配慮の行き届いたご案内ができるでしょう。ここからは、代車管理サービスを5つ、厳選してご紹介します。

 

高性能車両管理システム「SmartDrive Fleet」

大手のディーラーでは、代車を営業所間で貸し借りすることもあるため、代車の現在地を常に把握するのが難しいという声を聞きます。SmartDrive Fleetはシガーソケットに挿すだけですぐに使用可能なデバイスを通し、位置情報や稼働状況をクラウドで管理できる高精度なシステム。
さらに、ドライバーエンゲージメント機能も搭載しているため、安全運転している方にはポイントを付与することができ、お客様もおトクに代車が利用できるのです。このシステムを活用することで、地方のディーラーや整備工場も顧客を囲い込むことができますし、走行距離や走行時間などもわかることで適切なタイミングでメンテナンスの連絡やクーポンを提供したり、近隣の店舗で使用できるクーポンを用意したりするなどして、地域にとって欠かせない存在になり得るでしょう。

主な機能
・車両予約機能があるので、誰がどの車に乗ったのか把握ができる
・GPSでリアルタイムの位置情報がわかる
・安全運転で利用されているかがわかる、安全運転診断機能
・車両予約管理機能によって代車の予約管理がスムーズに行まる。また、車両の稼働状況を可視化したレポートを自動作成し、管理コストの適正化を進めることもできるのがポイントです。

製品ページ:https://smartdrive-fleet.jp/
利用金額:こちらよりお問い合わせください。

代車スケジュール管理「DAISUKEくん」

今まで手書きで管理していたけど、予定の変更が多く管理が行き届いていない。予約の移動が上手くできず機会損失しているかもしれない。アナログ管理によって起きていたさまざまな課題を解決しようと、現場で働く車屋さんが車屋さんの目線で作った代車スケジュール管理システムです。

主な機能
・スケジュールの上でドラッグ&ドロップすれば簡単に新規予約の作成、予約変更ができる。
・一目で代車のスケジュールがわかる
・代車の受け渡し日がずれても、自動で他の予定を空いている代車にずらし、最適化してくれる
・外出先でもスマホからスケジュールの確認が可能
・代車の車検満了も色で教えてくれる

製品ページ:https://www.daisukekun.com/
利用金額:5台までは初期設定費用3,000円(税別)、月額1,000円(税別)から

自動車整備システム「 Defense21 」

25年間の自動車整備システムの制作で培ったノウハウを強みに、購入後5年は無償で機能がアップデートされるDefense21。見積書や指示書の自動作成から車検・点検案内、顧客・車両情報管理機能など、車両整備に関する多彩な機能が満載です。

主な機能
・いつ・誰が利用するのか、システム上で予約状況をひとまとめで表示させる
・未入庫・入庫済・売上済の3パターンで整備状況が把握できる。また、ボタンひとつで伝票作成が簡単にできる

製品ページ:http://softplanner.co.jp/defense/
利用金額:月額9,400円から

クラウド型自動車整備業務支援システム「Maintenance.c」

直感的でわかりやすく、入力補助機能によって抜け漏れを防止してくれるMaintenance.c(メンテナンスドットシー)。基本は車検書類作成や顧客・車両管理などの整備業務における機能がメインですが、オプションとして空き状況がカレンダーで確認できる代車管理があります。

主な機能
・一覧表に15分単位で予定の管理・登録・変更が可能
・顧客管理・車両管理機能に加え、各種書類作成も楽々。
・代車の空き状況をカレンダーでわかりやすく表示。代車の貸し出し延長、キャンセル、予約の組み替えも簡単に行える

製品ページ:https://sfc.blcloud.jp/support/public/lp/
利用金額:1ライセンスあたり5,000円(基本システム料金3,000円、アプリケーション料金2,000円)伝票発行枚数0〜20枚5,500円より〜代車管理は1ライセンスあたり500円〜。

自動車整備業向け顧客管理集客システム「CAR FRONTIER III」

管理だけでなく、使いやすいインラーフェイスト無駄のないデータ管理で集客へつなげる自動車整備業向けシステム。管理項目を属性から設定できる得意先/車両マスタ機能をはじめ、顧客獲得と顧客維持に強化した機能が数多く搭載されています。

主な機能
・グーグルカレンダーと連動しているため、予約状況のチェック、予約の追加がリアルタイムかつ簡単に行える
・さまざまな管理項目を属性で設定でき、直近1年内での新たな得意先といった集計出力も可能
・売掛管理、入庫管理、日次の請求業務機能も搭載
・貸し出し日時・貸し出し先・用途・走行距離・給油量など、代車の予約・返却状況が一目でわかる予約カレンダー機能(拡張機能に該当します)

製品ページ:http://www.assistplan.jp/products/car-frontier/#extension
利用金額:要問い合わせ

TOP

IoT、自動運転、コネクティッドカーなど最新テーマの情報をピックアップ
車両管理の基礎知識やサービス比較など日常的に役立つ情報を案内

SmartDrive
メールマガジン利用規約

SmartDrive Magazineは、運営会社である株式会社スマートドライブ(以下、弊社)にてお客様が入力いただいた情報を管理します。

弊社の製品、サービス、コンテンツ情報でお客様が興味を持たれる可能性がある内容に関して、随時お客様にご連絡を差し上げる場合があります。こうした目的でご連絡を差し上げることに同意いただける場合は、メールマガジン登録画面の黄色い登録ボタンをクリックしてください。