• facebook
  • twitter
  • rss

【目的別】社用車を徹底管理する車両管理システム24選

車両管理をスムーズかつ円滑に行うために利用した車両管理システム。とはいえ、探してみると用途や目的別に多くの車両管理システムのサービスが開発されています。
国内には一体どんな車両管理サービスがあるのか、それぞれ目的別にご紹介します。

 

目次

動態管理と車両管理どちらも実現、リアルタイム車両管理を行いたい

車両管理と合わせて車両が今どこでどのように稼働しているか把握しておきたい。その場合はGPSの活用でリアルタイムで管理する動態管理を併用し、車両の動きを可視化しながら管理できるサービスがオススメです。導入の際もデバイスやスマホのみでカンタンに取り入れることができます。

「SmartDrive Fleet」提供企業:スマートドライブ

 

株式会社スマートドライブが提供する法人向けクラウド車両管理サービス「SmartDrive Fleet」。専用デバイスをシガーソケットに挿すだけで、法人が所有する営業車や運送・配送車両からGPS情報や運転情報を取得し、それをリアルタイムに可視化したり運転診断などに活用したりしています。

従来のデジタコなどに比べても非常に安価な導入費用(デバイス1台 9,800円〜、レンタルプランであればデバイス費用0円~)で、設置工事等なしですぐに使い始めることができ、月額費用は1,480円からです。今なら、リアルタイム動態管理機能に特化した初期費用0円・月額1,480円ではじめられるエントリープランもありますので、「まずは1台じっくり試して効果を見てみたい」という方はぜひご利用ください。

また、走行距離や時間といったデータだけでなく、急加速・急ハンドル・急ブレーキといった危険運転を独自のG-Force(特許取得済)と呼ばれるセンサ診断で可視化しているので、詳細な走行情報を活用してドライバー一人ひとりに的確な安全運転指導(別途、安全運転コンサルテーションのオプションサービス有り)を実施することができます。取得した走行データをエクセル形式で出力できる日報機能、動産管理機能・車両予約機能といった車にまつわる業務の効率化を助ける機能も充実。また、運送業様向けの乗務記録機能で、「荷卸」や「待機」といった業務ステータスをお持ちのスマートフォンのタップ操作で簡単に登録できます。ドライバーが登録した1日の乗務内容は、登録した時間や位置情報と共にPCの管理画面で確認できますので、労務管理のサポート役としても役立つデバイスです。

SmartDrive Fleetの実際の使用イメージはこちらの動画もご参照ください。資料請求はこちらからご連絡くださいませ。

また、アクサダイレクト社と共同でテレマティクス保険の開発も行っており、どんな運転がどれくらいの事故リスクにさらされているかなどのノウハウも蓄積しています。今後は運転動画も同時に解析して事故時のデータですぐに事故分析や過失割合の算出など、様々なシーンで活用されるデータ事業を想定して開発が進んでいます。

「いつもNAVI 動態管理サービス」提供企業:ゼンリンデータコム

ゼンリンデータコムが提供する「いつもNAVI 動態管理サービス」は、スマホやタブレットの特性を活かした直感的な操作ができるアプリで、動作環境や予算に応じた“ナビ版“と“簡易版“の2種類から選択できるため初めて利用する方も安心。トラックやバスであれば、業務終了時間や業務状況の進捗報告と確認がリアルタイムで行えるため、運送、配送、送迎などの業務を効率化。記録された走行履歴は運行ルートの改善や証拠としても活用できます。業務の改善や効率化を目的に、ガス、水道、電気などの調査・検針や、営業やポスティングなどの業務にも役立つサービスです。

導入費用:要問い合わせ

「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」提供企業:ナビタイムジャパン

株式会社ナビタイムジャパンが提供している「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」は、ナビタイムのルート検索システムを基盤として、効率的なルートや精度の高い渋滞予測などを提供してリアルタイムに正確で効率的な車両管理ができるサービス。管理者画面からは作業者の位置や、作業状況、次の訪問先とその到着時間などを情報が地図上で確認でき、急な天候の変化による緊急事態での進路変更もいち早くドライバーに連絡がすることができます。

最大100件の訪問先の効率的な訪問順と最適ルートをワンクリックで自動計算できるため、ベテランに頼るのではなく誰でも簡単に訪問計画の制作が可能です。また、稼働時間と荷物量から最適な車両台数を算出する自動配車機能も搭載され、ますます正確で効率的な運行管理を支援しています。

導入費用:要問い合わせ

「docoですCAR」提供会社:ドコモ・システムズ

ドコモ・システムズ株式会社が提供しているdocoですcar は事故削減、業務効率化、コスト削減、コンプライアンス遵守などの課題を解決するための法人向けクラウドサービス。動態管理には「docoですcar NEXT」、安全運転には「docoですcar Safety」、アルコールチェックには「docoですcar Guardian」、輸配送進捗管理サービスには「docoですcar NEXTオプション」、バスロケーションには「docoですcar for bus」とそれぞれ用途別にサービスが揃っています。また、「docoですcar NEXT」のオプションには、配送状況をリアルタイムで見える化する輸配送進捗管理サービスも。

導入費用:docoですcar NEXTは車載端末料金(お買い上げ)が月々2,900円/台〜、スマホとセットの場合は1,800円/台〜。サービスや契約期間、契約台数によって異なります。

 

「KITARO」提供企業:AUCNET

AUCNETが提供しているKITAROは用途と車種で選ぶリアルタイム運行管理システムです。車両の状態を24時間見える化し、業務を改善すべき点を明確にして生産性・収益性の向上へと繋げます。アプリとの連携でさらに業務も高速化できるでしょう。

 

導入費用:インターネットを利用したクラウド型デジタコは95,000/台(税別・取り付け工事不要)、月額利用料2,800円/台。

「テレマティクスサービス ProPosition」提供企業:マイクロテクノロジー

マイクロテクノロジーのテレマティクスサービス・ProPositionは、通信機能とGPS機能を備えた端末を経由して、車両の位置情報をリアルタイムに「見える化」します。端末はOBD-Ⅱタイプ、車両のシガーソケットにシガープラグを差し込むタイプの2種類。PC、タブレット、スマホ、どの端末からでもリアルタイムな配送管理、安全管理、燃費情報が取得でき、運転データもグラフ化することで期間ごとの運転状況、危険運転が頻発する箇所が一目でわかります。

導入費用:要問い合わせ

 

ドラレコ・デジタコと一体型の車両管理システム

元来のデジタコに車両管理が付随された車両管理システムは、社用車の運行情報もくまなく取得できます。データを蓄積し分析することで全体の運転管理やコストの見直しも行えます。

「DRIVE BOSS」提供企業:Panasonic

Panasonicが提供しているDRIVE BOSSは、同社の技術で作られた高性能なカーナビゲーションシステムと大量のデータを活用する技術を搭載した、多機能な車両管理システムです。

カーナビのように簡単な動作で、速度、距離、走行ルートなどの走行データに作業履歴のデータの記録から、レーンが複雑な交差点やわかりにくい高速の入り口など、わかりやすいGoogleストリートビューで案内できるといった機能も持ち合わせています。クラウド上でも閲覧ができ、ビルの納品口や駐車場を事前に確認してから訪問可能なため、迷うことなく時間のロスにもつながります。通信型とSDカード型、PCソフト版で展開中。

導入費用:要問い合わせ

「e-テレマPRO」提供企業:オリックス自動車

オリックス自動車が提供している車両管理システムデジタルタコグラフ機能付『e-テレマPRO』は、運送事業者向けテレマティクスサービス。通信とGPS機能を備えた車載機を搭載して取得したデータを活用することで、事故の防止やCO2の削減を図ることを大きな目的としています。

今まで目視することができなかった危険挙動(速度超過、急加速、急減速)は、発生した際に設定先のアドレスへメールを送って通知。車両予約機能では社内カーシェアリングも可能に。セットでリスクコンサルティングサービスや車両管理BPOなども導入可能です。

導入費用:要問い合わせ

「MIMAMORI」提供企業:いすゞ自動車

出典:ISUZU

いすゞ自動車が日本のトラック輸送業界の「貨物輸送の安全性向上」「環境負荷の低減」「効率的な配車・省燃費などによる運送効率の向上」という課題を解決するために開発したのが、車両車テレマティクスの「MIMAMORI」。

MIMAMORIセンターを中核としたセンター型システムで構築されており、リアルタイムでの車両運行のデータがセンターに蓄積されます。事務所側は車両の状況をリアルタイムで把握し、高度な運行管理を行うことができます。クラウドのシステムなのでメンテナンス不要で常に最新版のシステムが利用できることも魅力です。
円滑な運行管理をサポートする「MIMAMORIコントローラー」が、運行時間の分析機能したり、事故多発地点を教えてくれたり、エコドライブモニターで省エネで安全な運転へと導いてくれるでしょう。

導入費用:

110,970円/台、月額費は972円/台の定額。
TDⅡ-44用 デジタコ解析ソフト:10,285円/事業所

「TMS-1 リアルタイム移動体管理システム」提供企業:データトロン

データトロンのTMS-1 リアルタイム移動体管理システムは、車載端末の操作がとても簡単でドライバーも楽々操作ができるためストレスがかかりません。運行状況グラフを作成しそれに対する総合評価も得られます。移動経路も追跡表示し、無駄の削減へと繋げます。設定したアイドリングや速度から加速したり大幅な減速をしたりしてしまうと、音声で警告されます。速度の管理や運行の合理化で大幅な燃費の削減を望めそう。デジタコによる運転と勤務状態のデータ分析で、業務全体を見直し効率化をはかります。

全国共通トラック協会日報、加速・減速チェック票、作業時間や休息時間の労務管理票など、各種帳票もスムーズに作成します。

導入費用:要問い合わせ

「くるみえ」提供企業:NEC

出典 : くるみえ

NECのくるみえは、移動先情報や得意先情報をドラレコから取得し分析、的確な安全運転指導を行い事故削減につなげる車両管理システムです。映像を通じてドライバーの運転特性を把握し、速度の急激な変化や衝撃などを感知した場合は前後20秒の映像をメモリーカードに記録。事故の発生させないことで保険料やコストの削減の見直しが行えるサービスです。

導入費用:要問い合わせ

スマホアプリで車両管理

「くるまぷり」提供企業:キムラユニティー

キムラユニティーが2017年9月にリリースしたくるまぷりは、デバイスの購入や装着は一切不要で手持ちのスマホでアプリをダウンロードするだけ。車両管理サービス(BPO)で培ったノウハウをも とに、手軽に活用できる法人向け車両管理システムとして提供しています。スマートフォンのセンサーで挙動を把握し、蓄積した運転データと同社独自の安全運転診断ロジックで、運転者へ安全運転教育コンテンツを自動配信します。

対応環境:ドライバーはiPhoneのアプリiOS 9以上、管理者はWindowsがIE11以上 ・MacがSafariを利用。

導入費用:ドライバーは¥500/ユーザー数、管理者は¥1,000/ユーザー数、いずれも月額。最低利用単位は、使用者(運転手)が10IDおよび管理者が1IDから。

 

 

一元管理で抜け漏れを防止したい

フォーマットを整えたい、拠点ごとにバラバラになっている管理を統一させたいなど、一括管理への課題解決をサポート。一元管理することで、会社の負担は大幅に減りリスクマネジメントの強化をはかります。

「車両管理システム」提供企業:イオンコンパス   ※提供終了

イオンコンパス株式会社が提供する車両管理システムは、車両に関わるあらゆる項目をWeb上で一括管理。
会社情報、車両情報、リース内容、保険内容を簡単に抽出、確認。

ETCカード・ガソリンカード・駐車場等、定期でかつ複数発生する支払い業務をももちろん一括で管理できるので、抜け漏れをしっかりと防ぎます。バラバラだったフォーマットも揃え、データを一元化することで業務時間を短縮し、時間や人件費の削減にも繋げます。

 

「CMS(カーマネジメントサービス)」提供企業:キムラユニティー

キムラユニティが独自で開発している車両管理システムTCS Webは、リース車、買取車、私有車など、契約先や保有形態に関わらず、全ての車両を一元管理。無駄や手間を一切省き、業務管理の効率化を目指します。
また、事故情報も受け付けから完了するまで全てリアルタイムで進捗の確認が行えるので事故の途中経過の状況も保険会社への確認は不要ですぐ把握。全100もある項目から必要な情報だけCSVでダウンロードも可能なため、使用状況もデータでわかります。

導入費用:要問い合わせ

「車両管理」提供企業:寺田自動車

寺田自動車の車両管理システムは車検や点検時期の通知、車検予約、点検予約、走行距離管理、オイル交換時期の管理をはじめ、車両管理費必要な情報をしっかり一元管理します。
ウェブ上で全てを管理するため、パソコンとブラウザがあれば使用開始できて手間いらず。

導入費用:要問い合わせ

「トラDON」提供企業:日本システム

知りたい情報がすぐさま分かる、日本システムのトラDON。車両だけでなく、ドライバーの写真や免許の期限や取得免許情報なども使いやすさを重視した設計で一元管理を行えます。

毎月の経営データをグラフ化して目で見せる機能や、現場別・チャーター・未確定運賃の表示等、用途やニーズに合わせた多彩で柔軟な機能も魅力です。

導入費用:無料体験版あり、要問い合わせ。カスタマイズ料金は別途有料

「車両管理システム」提供企業:ページワン ※提供終了

ページワンが提供する車両管理システム。スケジュールや計測機器などの情報や全体スケジュールをガントチャートで表示させ目視で分かるようになっているので、期限が切れていた!なんてケアレスミスも防ぐことができます。報告書や請求書など面倒な事務作業もサポート。

導入費用:要問い合わせ

安全運転を徹底したい!

事業社とドライバーの安全を最も重視したい。そのためには細かく運転状況とスキルを分析して改善へと導いてくれるサービスがいいでしょう。

さすだけ運行管理」提供企業:ビッグローブ

出典:BIGLOBE

車両に専用デバイスを挿すだけでドライバーの運転状況がひとめでわかるサービス、それがBIGLOBEの提供するさすだけ運行管理です。専用デバイスで取得した日々の運行状況データから、交通事故リスクの高い運転と場所を抽出。分析したデータから、適切な指導を行うことで交通事故のリスク回避を可能にします。運転成績表は4種の動物タイプで表示するので、ドライバーごとの運転特性による属性診断と傾向が視覚化できるのです。一目でわかるヒヤリハットマップや車両稼働実績で、効率化を目指せます。

導入費用:初期費用35,000円/台(工事代なし、税別)、月額費用1,500円/台

「OBD-SMART」提供企業:ケイマックス

安全&エコ運転を推進するケイマックスのOBD-SMARTは、運行履歴データからドライバーの運転スキルを細かくスキル化して表示します。ドライバー個々の評価を安全運転・エコ運転の2視点からA~Eランクで表示し、どの時点で危険な挙動が見られたかを分析、都度適切なアドバイスを受けられます。スマートなデザインも特徴的。

1~3日間の燃料計測、速度・排気/DTCの検出アラームなど、車両状況とドライバーの状態が確認でき、事故防止につなげます。車両のメンテナンス情報とも合わせ、無事故無違反を無くしましょう。

導入費用:要問い合わせ、デモあり。

 

業種別で選ぶ車両管理システム

社用車はそれぞれトラックにバス、タクシー、などと業種別に目的や用途、管理の体制も少し変わってきます。そこで、業種別に特化した車両管理システムをそれぞれご紹介します。

smartaxi®(スマートタクシー)」提供企業:日本ユニシス

日本ユニシスが提供する「smarttaxi(スマートタクシー)」は、スマートフォンとクラウドサービスを利用したタクシー配車システム。タクシー配車の仕組みをタブレットとクラウドサービスを利用して実現しました。タクシー無線ではなく携帯電話回線を使用するため、独自の配車センターが不要になり、不感地帯による配車の取りこぼしをなくします。さらに、最寄りのタクシーを最短3秒で配車判断する機能も。スマートフォンの配車アプリ対応(オプション)や、配車センターと車両との音声通話機能など、様々な機能を拡張しています。

また、同社は乗客向け配車アプリとも連携しており、配車リクエストがタクシー事業者のオペレーターを経由せずに指定場所までの距離や設定された条件により最適な車両を探し、タクシーの車両の端末に送られるようになっています。そのため運転手が乗客を探しに不要に車を走らせることもなくなります。

導入費用:要問い合わせ

「バス事業者向け車両管理台帳システム」提供企業:神奈中情報システム ※提供終了

神奈中情報システムの車両管理台帳システムは過去のデータを参考にした整備計画を簡単に作成したり、車検切れアラーム機能が標準搭載しているため事前確認することができます。直感的に操作できるインターフェースを装備しているので、操作方法がわからないと戸惑うこともありません。

導入費用:要問い合わせ

「運送会社向け車両管理システム Transport(トランスポート)提供企業:エコシステムズ

エコシステムズが提供しているTransportは運送業に特化した車両管理システム。デジタコとも連携させる事ができ、中継・乗り継ぎ、複数台での運行・集荷・集配など複雑な運行形態にも対応し、どんなパターンの運送情報も登録が可能。カスタマイズ性が高く、さらには一般貨物輸送と海上コンテナの両方を同時に管理でき、船便やコンテナナンバーなど特有の管理や複雑な入力パターンにも対応しています。

導入費用:要問い合わせ

「Truck Care(トラックケア)」提供企業:システム計画研究所

大切なトラックをしっかりサポートし、管理するために提供されているシステム計画研究所/ISPのTruck Care

カレンダーで「いつ・誰が・何を・いくらで」と言った整備状況も全てパッと見える化されているため即時に状況を把握できます。車検・定期点検期日や車両の入出庫状況、整備の実施状況も楽々管理、管轄範囲に応じた適切な車両管理を行います。

導入費用:要問い合わせ、デモサイトあり。

「トラックメイトPro3」提供企業:タイガー

出典:タイガー

運送システムや運送ソフト、デジタコなどあらゆる運送サポートを行うタイガーのトラックメイトPro3は、車両とドライバーだけでなく配車・請求・傭車といった業務も一括で管理、運送業界独特の機能を備えています。
運転日報のデータをもとに各帳票を出力できるので、時間がかかっていた事務処理も時短を実現!オプションで配車管理機能も追加可能です。独自の運賃表マスタを開発し、14項目の条件から運賃の自動計算機能もできるように。請求書の作成時間も大幅に短縮し、フォーマット化します。

導入費用:要問い合わせ

 

細かい業務が多いからこそ車両管理はシステムに任せる

いかがでしたでしょうか。国内で提供されている車両管理系サービスをご紹介しましたが、車両管理の業務は事務的な作業から運行管理、コストの見直しまで非常に多岐に渡るもの。きめ細かい作業が継続的に必要となるため、特に管理台数が多くなればなるほど、ひとつひとつマニュアルに管理しきれないと感じることもあると思います。車両管理システムはそういった管理項目を集約して見える化し、かつ自動化できるところは自動化してくれるので人的ミスや作業工数を軽減させることが可能です。

今後も各社の車両管理サービスはますますスマート化していくと思われますが、車自体のスマート化・自動化と、それを管理する側のシステムの進化が並走していく時代が到来していますね。

営業車の事故率と保険料を下げる仕組みとは?月額1,480円からはじめる安全運転システム SmartDrive Fleet

関連記事

SNSで最新記事をご購読ください
TOP