• facebook
  • twitter
  • rss

ざっくりわかるカーリース — 特徴やメリットデメリット、サービス比較まで

近年、クルマの利用方法はどんどん多様化しています。

現金やマイカーローンを通じて購入するという従来の方法だけでなく、一定期間に渡って保有・利用するカーリースやレンタカー、カーシェアリングなど新しい仕組みが次々と生み出されてきました。

その中で今回掘り下げて紹介するのは「個人向けのカーリース」です。

カーリースといえば、どちらかというと法人向けのイメージが強いかもしれませんが、最近では個人向けのサービスも増えてきています。メジャーどころでいくとコスモ石油の「スマートビーグル」、オリックスリースの「いまのりシリーズ」、住友三井オートサービスの「Carsma(カースマ)」などだと思いますが、最近では少し変わった形のサービスもでてきていて、用途や好みに応じて幅広い選択肢の中から選べるようになってきています。

そこで今回は、個人向けのカーリースについてポイントが一通りわかるようにまとめてみました。カーリースの特徴や仕組み、契約までの流れ。そして特徴的なサービスまでをいくつか紹介します。

マイカーリースの特徴(メリットとデメリット)

まずは個人向けカーリースの特徴についてです。自家用車を購入する場合を始め、レンタカーやカーシェアなどと比べたリースのメリット、デメリットなどを解説していきます。

頭金、ボーナス支払いゼロもOK 。毎月の支払いが一定

まず、マイカーリースは頭金がなくても契約可能で、毎月の支払額は一定です。これがローンで購入する場合は、「登録諸費用分は現金で」とお願いされるケースもありますし、自動車税、自賠責保険料、自動車重量税、オイル交換などのメンテナンス費用なども別途必要になってくるので、出費がかさんでしまうタイミングもあります。一方で、リースの場合は、これらを含めて定額にしてあるので、突発的な出費に備える必要がないというのがひとつの大きなメリットです。

逆にリースのデメリットとして「ローンで購入する場合に比べてリースは高いよ」という声をよく耳にします。確かに月額費用では高くなることもありますが、ただカーリースでは、上述のように盛り込み済みの費用があるので、最終的な支払総額には大差がなくなります。

また、重要なこととして、そもそもお金に換算できない部分(各種料金の支払いの面倒くささや多額の支払いに備えておかないといけないという精神的な負担など)もあるでしょう。「春になったら自動車税の支払い準備」「車検の時期がきたら車検代の用意」などいちいち考えなくても良いのがリースの特徴であり、車検やメンテナンスのスケジューリングもお任せできます。

クルマに関する基本的な費用を毎月一定にし、かつ省くことができる手間は極力省く。これが最大の特徴と言えるかもしれません。

車検?税金?オイル交換?クルマに詳しくなくても安心

たとえばコスモ石油のスマートビーグルなら、定期点検もコスモのサービスステーションで定期的に実施してくれます。いつも行くガソリンスタンドでスタッフが点検してくれるため、安心なうえに自分の負担が減って楽です。

このあたりはリース会社によって「消耗品をリース料に含むものと含まないもの」があるので事前に確認しておくことが必要ですが、車にはあまり詳しくないという方でも使いやすい点も、リースが支持される大きな理由です。

走行距離は1500km/月を目安

マイカーリースを検討する際に押さえておくべきこと、それを「走行距離に制限」があるということです。

オリックスリースの場合、リース期間の短い「いまのりくん」で2000km/月の制限があります。これがスマートビーグルだと1500km/月までです。1500km/月というのは、年間で18000km、5年で90000km。

通勤距離がよほど遠いわけでなければ、ここまでの距離を走ることはそこまで多くないでしょう。

それでも、もし月の走行距離を超えそうなのであれば、マイカーリースはあまりおススメできません。規定の距離をオーバーすると距離に応じた違約金などが発生する可能性があります(※詳しくは各運営会社に確認してください)。その際は走行距離の制限がないマイカーローンでの契約、もしくは走行距離が長いカーリースサービスを探してみてください。

また近年注目をされている「残価設定型ローン」も、走行距離が多いと違約金が発生するようです。残価設定型ローンの場合の多くは1000km/月となるので注意が必要です。

契約期間に注意、マイカーリースは解約不可

マイカーリースは基本的に期間途中で解約したり、変更したりすることができません。

支払いに余裕ができたからといっても一括で返済することや、ボーナスが期待できるからボーナス払いを期間中に設定することも…難しいです。厳密には違約金を払えば解約できますが、その場合割高になってしまうためおすすめできない、ということです(残りのリース期間に支払うリース料に相当する違約金が発生します)。

こちらも柔軟に契約を変更できることを重視したいのであれば、契約途中での支払方法の変更ができるマイカーローンのほうが向いているでしょう。また、今クルマが必要であるものの直近で急に不要になる可能性もある、というような不確かな状況下においても、途中解約の違約金を考慮すると、購入というオプションの方が良いかもしれません。(クルマが不要になっても売却すれば良いで)

車種やグレードにこだわりがなく、中長期でクルマを使いたい場合には、「格安レンタカーの長期利用」という選択肢もあります。レンタルの場合、途中で返却しても支払ったレンタル料は戻ってきませんが、違約金もありません。大手レンタカーだけではなく、中古車を利用した格安レンタカーも全国的に多くなってきています。24時間、1週間、1ヶ月のように期間も柔軟に選べます。

盗難・事故には十分に注意

マイカーリース契約中に盗難に遭ったり、事故によりクルマが使えなくなった場合には、解約同様に違約金が発生します。自動車保険(任意保険)には必ず加入し、車両保険もカバーしておくことが大切です。
※任意の自動車保険は、クルマ購入の場合もリースの場合も別途加入が必要。

ネットで申し込み可能なダイレクト型自動車保険が手頃ですが、保険に関する知識が少ない場合には、マイカーリース契約先に相談してみるとアドバイスしてもらえます。オプションで保険もまとめてリース料に組み込むサービスもあるので、多少金額が高くなっても自分の負担を減らしたいという方は検討してみてください。

ノーマルの状態で乗るのが条件、改造は不可

マイカーリースは、クルマが手元に来たときの状態を維持することが大切です。自分の好みに合わせてカスタマイズしたい方は購入するのが無難でしょう。

アルミホイールを購入してドレスアップしたい場合は問題ありません。その際に外したタイヤとホイールを返却時まで保管しておけば大丈夫です。一方で、ローダウンサスペンションの取り付けや車高調整キットの取り付けはおススメできません。ノーマルパーツを保管し、返却時に戻してもアライメントの調整などが必要になります。社外エアロパーツの取り付けもできません。車体に穴をあけて取り付けることで減点の対象になります。

カーナビゲーションシステムについては、オプションで選べる場合が一般的。リース料金がプラスになることが多く、年単位で見ていくと購入費用と同じような金額に落ちつきます。また、ナビ無しでリースし、好みのナビを購入して取り付けることも可能ですが、所定のナビ取り付け位置(DIN規格枠)に取り付けるとともに、返却時には取り外すことが必要になります。ダッシュボードに強力な両面テープで固定したり、ビス止めしてしまうと減点の対象になりますので注意してください。

保管場所は必ず必要(車庫証明)

マイカーリースは通常のクルマの購入と同様、保管場所証明書(車庫証明)が必要です。

戸建住宅は問題ありませんが、アパートやマンションでは、家賃の他に追加で駐車場利用料が必要になります。アパートやマンションに駐車場空きが無い場合には、直線距離で2km以内に駐車場を探して契約しなければなりません。この点がネックになるので「カーシェアを選ぶ」という方もいます。

クルマが毎日必ず必要でない場合には、クルマのリース料の他に駐車料金も上乗せになり負担が増加します。都心部を中心に、マンション内や近くのコインパーキングに「カーシェアリング」のステーションがあればカーシェア利用も検討してみるといいでしょう。

利用料金に自動車保険も含まれ、保管場所の心配もいりません。燃料も含まれているケースが多く、当然メンテナンスも不要です。ただし利用時間を守るとこと、同じ場所に返却することが一般的な条件です。最近では個人間のカーシェアもありますので、大手のカーシェア事業者のサービスでは利用できないような変わった車種を利用することもできたりします。

各社のマイカーリースサービス特徴を紹介

ここからは実際にカーリースを検討している方向けに、特徴的なサービスを紹介していきます。

コスモ石油「スマートビーグル」

スマートビークルは全国のコスモ石油のガソリンスタンドでサービスを受けることができ、マイカーリース取扱店で契約可能。コスモザカードの利用でガソリンの割引も受けられますし、国家資格を持つ整備士によるメンテナンスサービスがあるのも特徴です。

契約プランは60か月と84か月。サービスパックはゴールド、シルバー、ホワイトの3つのプランが選べます。またインターネットにはありませんが、36か月から契約することも可能です。

各プランの違いについても簡単にだけ紹介しておきます。

ホワイトプランは車両代金と登録時の諸費用、期間中の自動車税のみのプラン。オイル交換などの消耗品交換、車検整備料金、継続車検時に必要な自賠責保険や重量税は含まれません。リース料金最優先のプランです。

ホワイトプランの場合は、通常マイカーローンとサービスの違いが少なくリースならではのメリットが少なくなります。コスモザカードで給油する際のガソリン割引は1Lあたり1円引きです。

シルバープランはホワイトプランに期間中の自賠責保険や重量税、車検整備料金、定期点検料金、オイル交換などを加えた、通常クルマを維持するために必要な費用一通りカバーしたプランです。

コスモザカードで給油した際のガソリン割引は1Lあたり3円引きです。

ゴールドプランはシルバープランにタイヤ交換、バッテリー交換、ワイパーゴム交換等各種消耗品の交換に延長保証とロードメンテナンスが付いた手厚いプランです。コスモザカードで給油する際のガソリン割引は1Lあたり5円引きです。

オリックスリース「いまのりシリーズ」の特徴

オリックスリースの「いまのり」シリーズは5年リースの「いまのりくん」、7年リースの「いまのりセブン」、9年リースの「いまのりナイン」があります。

いずれもリース期間中の税金関係や自賠責保険などの諸費用は全て含まれます。オイル交換はオイルクーポン、車検整備は車検整備クーポンで実施されるので余計な維持コストがかかりません。タイヤ交換、バッテリー交換や定期点検費用はリース料金に含まれないため注意が必要です。

オリックスリースの店舗の他、インターネットを利用して審査申込み、郵送での契約書のやりとりが可能です。

いまのりくんは2年たったら乗り換え・返却が自由。5年後は返却になります。

いまのりセブンは5年たったら乗り換え・返却が自由。7年後は自分のクルマにすることができます。

いまのりナインは、7年たったら乗り換え・返却が自由。9年後は自分のクルマにすることができます。9年の長期リースが可能で、月々の支払をもっとも抑えることができるのはオリックスリースの特徴です。

新しいクルマを短期間で乗り換えたいユーザーはいまのりくんがおススメ。2年たったら乗り換えできるため、2年毎に新車に乗れます。

住友三井オートサービス「カースマシリーズ」の特徴

住友三井オートサービスの「カースマ」シリーズは、楽天市場やアマゾンからも申し込めます。

リース期間は「カースマ5」の5年リースと「カースマ7」の7年リースの2種類。3年リースや9年リースはありません。実際楽天市場内ではおすすめとする7年リースの取扱いがメインなので、7年リース希望の際に検討に入れることをおススメします。

カースマシリーズの特徴は、毎月の距離制限がないこと。リース契約満了後に距離による違約金がないのが最大の特徴です。つまり、リース料7年分で車両代金相当は支払完了しているということです。

契約可能な車種及びグレードは人気グレードに限られています。希望の車種及びグレードが無い場合には、住友三井オートサービスに問い合わせすればリースできる場合もあるようです。

メンテナンスに関しては、オリックスリースいまのりシリーズと同等のサービスです。期間中の税金や諸費用はもちろん、エンジンオイル交換や車検整備費用、ブレーキオイル交換費用が含まれています。バッテリーやタイヤ交換、ワイパーゴムの消耗品についてはユーザー負担になります。

 

オリコオートリース「ユーカリプラン」の特徴

オリコオートリースの「ユーカリプラン」は、オリコオートリースが運営する代理店会グループです。全国各地の民間自動車販売店が代理店になっています。申込みや契約は各代理店に直接来店して行うスタイルです。

ユーカリプランには、5年と7年リースの2種類あり、国産全車種契約可能です。代理店によって取り扱い車種が異なる場合があるので、一度近くの代理店に相談してみましょう。5年未満の短期リースはありません。

期間中の、税金や諸費用はもちろん、エンジンオイル交換や車検整備費用、ブレーキオイル交換費用が含まれています。バッテリーやタイヤ交換、ワイパーゴムの消耗品についてはユーザー負担になります。

スマートドライブ「SmartDrive CARS」の特徴

 

最後に紹介するのは、一般的なカーリースとは少し違った仕組みの「SmartDrive Cars」です(SmartDrive Magazineを運営する株式会社スマートドライブが手がけるサービスで、2018年春に正式リリース予定)。

特徴は手続きの簡単さと、安全運転をすることでポイントが付与され還元されること。ポイントはAmazonギフト券や楽天Edy、WAONポイントやnanacoなどに交換して使えます。また、申し込みはWebから、契約は書類(郵送)のやりとりのみで完結するので、ディーラーをたくさん回ってその後も営業されたりなど、煩わしいことは抜きで注文できるのも便利です。納車時はもちろん自宅まで車が届きます。

他にないユニークな点として、注文されたクルマはすべて専用デバイスが提供され、それによって車がインターネットにつながり「コネクテッドカー」になるという点です。これによって運転のデータを取得し、運転診断で改善提案をしてくれたり、自分の運転ログをいつでもスマホで確認できるなど、クルマに関する情報がスマホに集約されているのも特徴です。

リリース後は、安全運転に連動したサービスが順次拡充されていく予定であるため、日々の運転の中でもちゃんと安全運転に気をつけて特典を享受していきたいという方にはメリットが大きいサービスです。

また、月額の料金には各種自動車税や自賠責保険、オイル交換や点検、車検までがすべて含まれるため、毎月定額で車を楽しめます。

マイカーリースの仕組みと流れ

実際にカーリースを利用する際の流れについても簡単に触れておきます。

①見積から審査

マイカーリースの見積から審査・契約まではインターネットを使いオンライン上で進めることができます。

希望の車種を選択しボティカラー、必要なオプションを選択し見積を作成。所定の入力項目を入力すればオンラインで審査を行うことが可能です。少しでも不安な点があれば、実際の店舗が近くにあればスタッフと対面で商談し十分納得の上契約するといいでしょう。

②内容確認の連絡

マイカーリースの審査が問題なく通過した場合には、申込みの内容と実際の要望と相違ないかの確認のため、リース会社から確認の電話連絡があります。少しでも不明な点がある場合には、このタイミングで確認しておくことが大切です。

③契約手続き

リース会社からの電話確認後に、契約書が郵送されてきます。契約書が届きましたら、署名・捺印の上、返送します。契約書が返送されリース会社に到着した時点で、リース会社はメーカーディーラーへの発注を行います。

契約書返送後は、契約の解除・変更はできないので十分に注意してください。

マイカーリースはマイカーとして長期間使用するクルマです。新車販売ディーラーで展示車を確認したり、試乗車で実際に運転したりして、性能をあらかじめ確認しておくのがおススメ。

リース契約のみならず、残価設定型ローンも同じですが契約走行キロ数をしっかり確認しておきましょう。契約時の予定走行キロ数をオーバーした場合、1km×所定の違約金が請求されます。

審査にかかる時間と審査基準

マイカーリースの審査はマイカーローンの審査や残価設定ローンの審査基準と違いはありません。「リースだから審査が甘い」ということはありません。

基本的な個人情報が審査の対象で、住所、職業、年齢、年収が審査されます。専業主婦や学生で収入が無い場合、未成年の場合などは、一定収入のある連帯保証人を立てることにより審査を通すことができます。

つまり一定の収入があるか、支払に余裕があるか、家賃に多くの支払いが無いか、連絡がしっかりとれる状況かといった項目が審査の基準になるということです。

【注意】審査が通りにくくなる原因

  • 過去にクレジットカードによる買い物で支払いが遅れたことがある。
  • 他のマイカーローンで支払が遅れたことがある。
  • 多額のローンが現在ある。または多額のキャンシング利用を行っている。

これはリースに限った話ではありませんが、あてはまる場合には審査に通りにくくなります。特にカードでのキャッシングの利用は注意しましょう。

また転職直後など、正社員でも勤続1年未満の場合は通りにくくなります。

大抵の審査はCIC(クレジットインフォメーションセンター)に保存されているデータをもとに行なわれます。手数料が1,000円かかりますが、自分の個人情報を照会することも可能です。不安な方はアクセスしてみると良いでしょう。

信用情報機関のデータには保管期限があります。保管期限は5年です。10年前に支払に滞りがあった場合は問題ありません。

自分の好みに合わせて、最適な選択肢を

今回は特徴的なサービスを5つほどピックアップして紹介しましたが、他にもカーリースサービスに多数存在します(地域特化型のものも多いので、在住地域でどのようなサービスがあるのか探してみるといいかもしれません)。

安さが売りのもの、短期間から契約できるもの、メンテナンスや手厚いサービスが特徴のもの、安全運転をすれば特典が得られるものなどそれぞれ特徴が異なります。それぞれのサービスを見比べた上で、1番自分にあったものを見つけてみてください。

営業車の事故率と保険料を下げる仕組みとは?月額1,480円からはじめる安全運転システム SmartDrive Fleet
SmartDrive Cars 新車が毎月定額 All in One 車と期間を選ぶだけ、web で簡単マイカー選び

関連記事

SNSで最新記事をご購読ください
TOP