タコグラフ

運行にかかる時間や速度の変化などをグラフ化し、その車両の稼働状況を把握するため自動車に搭載する運行記録用計器のこと。日本には1959年にドイツから伝えられ、数十年間をかけて路線バスや路線トラックに少しずつ装着されるようになった。

SNSで最新記事をご購読ください
TOP